Service employee with computer and nutrunner Tensor STB

予防保全

連絡先

コスト削減と品質改善にご興味をお持ちですか?

Service, people, Miele

アトラスコプコの産業用動力ツール用に開発された予防保全(PM)プログラムをご紹介します。組み立てライン、固定ステーション、使用するツールの型式やその他の要因により、節約できるコストは変わります。

通常、低負荷の生産環境では、PMの実施は年1度で十分ですが、重要なジョイントがある高負荷の生産環境では、PMプログラムのカスタマイズが必要です。その場合、各締付けステーションの特徴、すなわち、ツールの型式、使用トルク、生産速度、ジョイントタイプなどを検出する信頼性重点保全(RCM)プログラムを採用します。これらのデータを基に、保守コストと故障時の運用コストとのバランスを考慮して、お客様の生産運用に最適な保守プログラムを作成します。RCMは、電動ツールのほか、エアツールにも適用できます。

ある生産負荷の高いエンジン工場で3種類の保守サービス戦略を評価していただいたところ、次のような結果となりました。
修理のみ = 1年で32%のツール故障率
標準の定期的PM = 1年で13%のツール故障率
RCMベースのPM = 1年で2%のツール故障率

お客様の運用でのコスト削減の可能性に関する詳細については、アトラスコプコまでお問い合わせいただくか、 ToolCover保守ソリューションページをご覧ください。

アトラスコプコの予防保守サービスの詳細を読む

  • ToolCover modularity 110.2 kB, PDF