リワーク作業を最小限に抑えます。-トルクと角度を監視

Training,?people,?Service

リコールや組み立てラインでのリワークを回避するためには、締付け工程の品質を監視して、障害を直ちに検出することが必要です。

従来の品質管理で行われていたトルク測定では、締付け負荷が生じます。しかし、締付けの結果は、摩擦や部品の変動からも影響を受けます。そのため、別の項目、つまり回転角度も合わせて測定する必要があります。トルクと角度の両方を制御して監視することで、ガスケットの欠如や斜め締め、締付け素材の問題、オペレータの人的エラーを検知することができます。

Service, Training, people

締付け工程の品質を確保することで、コストのかかるリコールやリワーク、保証請求費用を最小限に抑え、会社の評判も傷つきません。

アトラスコプコは、お客様に締付け技術に関する包括的なトレーニングを提供しております。

詳細については、アトラスコプコまでお問い合わせください

  • Pocket Guide Tightening technique 3.2 MB, PDF