ポーランドの最新技術

MAXAM社が保有機器を拡充して掘削/発破作業を最適化するため、最新型のアトラスコプコドリルリグをHNS(ホールナビゲーションシステム)に装備しています。

2016年、ポーランドでは発破孔さく孔技術が大きく進化しました。アトラスコプコポーランドは、パートナーに最新技術を採用したトップハンマードリルソリューションを紹介することを決めました。その次の段階は、COP 2560+ドリル、HNS(ホールナビゲーションシステム)、リモートコントロール搭載のSmartROC T40ドリルリグを輸入することでした。その目的は、ポーランド最大の掘削会社で掘削試験を実施することでした。

この試験は、アトラスコプコの最新技術は初期投資が高くても、作業品質の向上と時間短縮を通じて、短期間で投資回収できることを実証することを目的に実施されました。試験結果では、品質向上と時間短縮にとどまらず、オペレータや発破エンジニアの作業が楽になることも明らかになりました。最新の機器では、完成した孔のずれや鉱床のタイプ、品質に関するデータをリアルタイムでダウンロードして、今後の採鉱の最適化などに活かすことができます。

アトラスコプコは、爆薬生産の世界的大手で、ポーランドの掘削発破サービス市場の最大手企業であるMAXAM社のパートナーです。MAXAM社はポーランド国内で、年間約100万メートルの発破孔をせん孔しています。2016年には、19機のアトラスコプコドリルリグと他社製ドリルリグ2機を保有していました。これらの機器をポーランド中に分散して、花崗岩、ドロマイト、砂岩、玄武岩、黒ひん岩骨材採石場のほか、セメント生産向け石灰岩採石場、他の建設用化学品製造部材にサービスを提供しています。

ポーランドでは、採石場にもよりますが、壁は厚さ12~28 mで、一般的な孔径は89、95、102 mmです。

ドリルリグの新規購入準備にあたり、Maxam社は主に総運転コストの削減可能性を重視しており、交渉段階ではHNSシステムの隠れた潜在性と、それが実際にコストに与える影響を過小評価していました。ロゴツニカにあるColas Poland花崗岩採石場の1つが性能試験場に選ばれました。

オンライン版「マイニング&コンストラクション」で記事全文を読む。

SmartROC T40 採石 SmartROC T45