従量制料金: ポルトガルのコスト効率に優れたトンネル掘削

2017/07/06

当社のアイデアが山を動かします。数多くのアイデアの1つには、イベリア半島のポルトガルでのマラオントンネル掘削プロジェクトのコスト管理に採用された独自のモデルがあります。

マラオン山脈の上部の雲や空に近い場所は、ポルトガルで最も美しく、最も荘厳で、最も危険な場所の1つです。この曲がりくねった起伏の多い地形は、特に冬や過酷な季節には旅行が困難で、運転時間が長くなり、事故が発生しやすくなります。これによって、政府資金によるプロジェクトが発生し、建設の専門会社であるEmpresa Portuguesa de Obras Subterrâneas(EPOS)社がこの会社のジレンマを解決するように指名されました。1986年に設立されたEPOS社は、ポルトガル、スペイン、アルジェリアの最も重要な道路や鉄道のトンネルのいくつかを支援した経験を持っています。ただし今回、この会社はアトラスコプコの支援を受けて、山をまっすぐに通過することに成功した平行するツイントンネルでの作業を開始しました。EPOSはアトラスコプコが提供した特別な立法メートルあたりの固定料金システムによって、掘削エリアの費用を制御できました。

“これは、機械の稼働中にEPOSの支払いが発生するという仕組みです。機械が稼働していない場合は、EPOSの支払いは発生しません。非常に単純です。”

Hugo Dias, ポルトガルのビジネスマネジャー

EPOSの生産部門のディレクターであるカルロス・ロッソ氏は、プロジェクトで直面した多数の課題や制約について話し合ってきました。

「EPOSと協力し合い、収集したデータに基づいて、稼働している機械、交換用部品、句作用消耗品、サービスにかかるあらゆるコストを推定しました」その後、これを掘削した1立方メートルあたりのコストに基づいて固定価格に適用しました。これは、機械の稼働中にEPOSの支払いが発生するという仕組みです。機械が稼働していない場合は、EPOSの支払いは発生しません。非常に単純です。」

Boomer 顧客事例