PowerbitのST58およびST68スレッドを発売

2017/07/07

2015年12月、アトラスコプコセコロックは新型トップハンマー明かり掘り用ビットシリーズ、Powerbitを発表しました。最初に発売されたスレッドシステムはT45でした。発売以来、Powerbit T45およびT51はあらゆる目標や期待を上回り、さく孔速度が極めて高く、耐用期間も最大で75%向上しています。

Powerbit ST58およびST68で地下掘削

このたびアトラスコプコは、地下掘削用のPowerbit ST58(89~115 mm)とST68(102~140 mm)を発売しました。このビットシリーズは、好評を得たPowerbit T45およびT51と同じ特性を備えています。ビットの形状は最適で、ビット本体には従来よりも硬度が高く頑丈なスチールが採用されています。さらに、特許取得済みのEnduro Extraボタン表面処理技術とTrubbnosボタン形状が、優れた強度と耐摩耗性を発揮します。その上、STスレッドとPowerbit ST58およびST68は、長く直進した穴に必要な特性をすべて備えています。一部のPowerbit ST58およびST68モデルには、ショートガイドウィングをオプションでご用意しています。これにより穴のずれが減るためビット本体の摩耗がボタンと同程度になり、ビットが穴の中ではまり込むリスクが小さくなります。他のPowerbit製品と同様、スレッドとアンダーカットは変形が少なく素材疲労のリスクが小さい最適な形状です。PowerbitのST58とST68は、あらゆる種類の岩で優れた性能を発揮することで定評のあるT45およびT51とまったく同じ効果を発揮すると期待されます。

さらなるメリット

Powerbit ST58およびST68シリーズにより、アトラスコプコのコンパクトで汎用性の高いトップハンマービットがさらに充実します。ST68シリーズではビットが25%減り、ビットの選択がはるかに簡単です。Powerbit ST58とST68により最強の地下ドリルストリングが完成し、最高級の定評を得ているシャンクアダプタとドリルロッドを補完します。アトラスコプコセコロックのトップハンマーの世界へようこそ。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコ は、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動ツールと設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2016年のアトラスコプコの総売上は1,010億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)、従業員数は約45,000名です。詳細についてはwww.atlascopcogroup.com をご覧ください。アトラスコプコセコロック は、アトラスコプコ土木鉱山機械事業エリアの一部門です。削岩ツールの開発、製造、販売を世界中で行っています。これらの製品は、採鉱業や建設業の地表や地下の岩盤掘削に使用されています。同部門はスウェーデンのファガスタに本社を置き、6大陸で生産拠点を展開しています。

  • Powerbit ST58 and ST68 press release 73.1 kB, PDF

2017 ニュース 削岩工具 建設 製品