画期的なドリルリグを先駆的なお客様に

リーダーには勇気と決断力が求められます。スウェーデンの発破掘削会社Uppländska Berg社はこのどちらも備えています。

2017/07/06

最近アトラスコプコは、サーフェスドリルリグFlexiROC T30 R更新版を発売しました。この機能満載のドリルリグは建設用途向けで、都市部の建設用途で最適の性能を発揮します。消音キット、新しい集塵システム(DCT)、バッグハンドリングシステム、オプションのウォーターミストなどの機能を備え、オペレータの作業環境と周辺環境を重視した設計です。建設用途向けFlexiROC T30 Rは、このクラスでは世界唯一のドリルリグで、これらのオプションと機能をすべて備えています。Uppländska Berg社はドリルリグを初めて納入した企業ですが、最近、オレブロにあるアトラスコプコのサーフェスアンドエクスプロレーションドリリング部門を訪問した際に、ドリルリグの操作に慣れ、施設を見学する機会がありました。「工場を訪問したのは今回がはじめてで、購入したリグを現場で直接見て、アトラスコプコの将来計画をお聞きすることができ、非常に有意義でした」と、Uppländska Berg社CEOのロビン・カールソン氏はコメントします。「また、作業環境と自然環境を特に重視する当社の機械に関する考え方を直接伝え、質問する機会も有益で、重要でした。」消音キットにより、騒音レベルを10 dB低減できますが、これは都市部の開発工事では非常に重要です。新たに採用された高性能の集塵システム(DCT)は、どんな条件下でも吸引能力を発揮するインテリジェントなクリーニングシステムです。システムにはバッグハンドリングシステムを装備することができ、粉塵レベルをさらに低減します。オプションのウォーターミストを装備すれば、空気中に散乱した粉塵を水で抑えることができます。Uppländska Berg社は、新しい2台のFlexiROC T30 Rドリルリグを人口密集地の事業で使用する予定で、ここではリグの最重要な新機能が活躍することでしょう。同社が事業の収益性を損なうことなく、オペレータの作業環境と周辺環境を向上させていくのは間違いありません。建設用途用のFlexiROC T30 R導入は、サステイナブルな生産性実現に向けて大きな一歩です。

消音キット装備の建設用途用FlexiROC T30 Rを導入したUppländska Berg社

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

グローバル製品マネジャー、マーカス・リュー
携帯電話:+46(0)72 725 98 35
電子メール:marcus.leu@se.atlascopco.com

グローバルコミュニケーション担当、フレデリック・ターンストローム
携帯電話:+46(0)19 670 7377
電子メール:fredrik.ternstrom@se.atlascopco.com


建設用途向けFlexiROC T25 R プレスリリース 建設用途向けFlexiROC T30 R 製品