移動能力と精度が向上したアトラスコプコのレイズボーリングリグ

アトラスコプコは、世界初の自走式ドリルリグをラスベガスで開催されたMINExpoで2016年9月26日に初披露しました。Easer Lドリルリグは地下掘削とトンネル掘削にかかる時間を大幅に節約し、優れた掘削性能を発揮します。

アトラスコプコの自走式レイズボーリングリグEaserは、従来のレイズボーリングリグと同じ要領で操作できますが、坑内の必要な場所に楽に移動できます。リグはホイール装着で、極めて楽に移動できるほか、セットアップもすばやく簡単で、コンクリートプラットフォームや現場の準備は不要です。

アトラスコプコのEaser Lレイズボーリングリグは地下坑内で移動できるため、地下作業が楽になります。初の自走式レイズボーリングリグのEaser Lは、これまでにないレベルの移動性、効率、安全性を実現します。

レイズボーリング機は鉱山やトンネルの高さの異なる2点間に開口部を掘削しますが、従来、掘削を開始するまでに多くの準備作業が必要でした。Easer Lはこれを大きく変えようとしています。

従来のレイズボーリングリグと同様に、Easer Lは上方向にも下方向にも掘削できます。

時間と費用の節約 - 平均的なレイズボーリングリグでは、セットアップ時間が総作業時間の約50%を占めました。余分なセットアップ時間と分解時間を短縮できるため、生産により多くの時間を割くことができます。

「Easerは、これまで業界で使われてきたどの製品とも異なります。現場の準備、コンクリートプラットフォーム、ピンは不要です」と、アトラスコプコオーストラリア製品マネジャーのニック・アイサーは説明します。「電気ケーブル、油圧ホース、空気/水供給ホースを含むすべての機器がキャリアに一体化されています。」