高いエネルギー効率

変速機構とセットポイント制御により、GHS VSD+は望ましい流量を無駄なく供給します。IE3超高効率モータの駆動による先進のスクリュ技術も低消費電力に貢献します。

高い信頼性

高温ゾーンと低温ゾーンで部品の温度を上げる熱を電子部品から隔離しているためポンプは優れた性能を発揮でき、水分凝縮を防いでいます。このため冷却が正しく行なわれ、電子部品も長寿命です。しかもベーンタイプと比べてスクリュ部品の寿命が大幅に延び、メンテナンスの間隔を大きく延ばせます。

持続可能な生産性と環境への配慮

革新的な特許取得のオイル保持方式は、負荷が高くてもオイルを保持 <3 mg/>³し、排気品質を最適に保ちます。しかも部品、キャノピ、変速駆動が静かなので、騒音が従来と比べて2分の1に減少しています。

素早く簡単に設置

GHS VSD+は、Elektronikonコントローラ、キュービクル、キャノピなどを含めたプラグアンドプレイソリューションです。1つのすっきりとしたエンクロージャにまとめて取り付けでき、設置スペースもわずかです(GHS 350-900VSD+の標準パレットサイズと同程度)。

効率的で安心

集中型真空システムのエンジンは真空ポンプです。プロセス需要の変動が大きいと始動/停止数が多く、過熱、ファンの故障やオイル劣化、ベーンのはく離など、機械や電気モータに問題が発生します。従来、これらの問題を解決するため、圧力幅を広げて始動と停止の回数を制限しましたが、これはコスト効率のよい方法ではありません。より優れた方式が変速駆動(VSD)の採用です。VSDを搭載した真空ポンプこそ、必要な解決策を提供できるのです。

GHS VSD+シリーズ真空ポンプは、プラスチック、ガラス、ビン・缶詰、木材加工、梱包、印刷・製紙、食肉パッケージなど、さまざまな用途に最適です。GHS 350-900 VSD+は、生産エリアに専用ポンプが必要な場合に理想的なソリューションです。GHS 1300-5400 VSD+も専用ソリューションとして設置できますが、通常は集中型真空システムの設備室に使用されます。

GHS VSD+は高速サイクルと専用設定に対応したターボバージョンのほか、水処理能力を向上させた高湿度対応仕様も用意されています。GHS 1300-5400VSD+に熱回収オプションを加えることで、投入電力の最大75%を回収できます。

GHS VSD+シリーズは、従来の定速方式より性能が大幅に高く、平均で50%の電力を節約できます。

産業

  • 缶詰
  • ビン詰
  • 梱包
  • エレクトロニクス
  • 木材加工
  • プラスチック
  • 印刷・製紙
  • など

製品技術仕様

パンフレットをダウンロード

  • GHS 350-1900 VSD+ 5.5 MB, PDF
  • GHS 3800-5400 VSD+ brochure 459.2 kB, PDF
  • GHS VSD+ solutions for centralized systems 4.3 MB, PDF
  • Independent tests confirm energy performance of the GHS VSD+ vacuum pump 1.8 MB, PDF