効率的に作業し、常に改善し、スキルを向上させる

2015/12/10

Boliden Tara Mines社は、体系的なトレーニングがいかに装置オペレータとメンテナンス要員の効率性に肯定的な影響を与えるかについて確信しています。そのような理由から、トレーニングがビジネス戦略の基本要素になっています。アイルランドのナバンにあるBoliden Tara Mines社は、鉛と亜鉛を約40年間生産しており、近年では古くなった深い地下鉱山が抱える典型的な課題の多くを経験しています。

これらの課題に対処するためには、業務を適応させる必要があることを認識した結果、経営陣は2つの主要な戦略的決定を下しました。最初のステップとしては、従来の3分野の概念に代わり、組織を「1つの鉱山という概念」に合わせて再構成することでした。2つ目のステップは、スキルを向上させ、よりスマートに働き、継続的に改善するという文化を醸成するために、人材育成プログラムを強化することでした。Boliden Tara Mines社に採鉱装置を供給するアトラスコプコは、この鉱山のトレーニング開発パートナーにも選ばれました。採鉱マネジャーであるマイク・ロウザー氏は、効率性と柔軟性を最大限に高めるためには新しい方向性が不可欠だと言います。

“「鉱山を深く掘り進めるほど、後方支援がより困難になります」と彼は言います。「為替相場、金属価格、または鉱体の等級についてはどうすることもできませんが、採鉱の効率やコストを管理することはできます。利益が出るように鉱石を採掘できて初めて、鉱化作用が鉱石へと変化するのです。鉱化作用を鉱石に変えるためには、鉱山は経済的に存続可能でなければなりません。」”

Mike Lowther, 採鉱マネジャー

重点を置く複合スキル

Work smarter, improve continuously, enhance skills

長年にわたり、鉱山経営者はスキルを高めることの重要性を強調し、これを実現するために地元の鉱業組合と緊密に協力してきました。アトラスコプコのドリルリグシミュレータトレーニングプログラムを受講した、複数のスキルを持つオペレータとメンテナンススタッフが増加するのに伴って、この取り組みはより集中的なフェーズに移行しました。複数のスキル開発は、アトラスコプコの地下の本稼働ドリルリグやボルティングリグなど、似たような機能を備えた一連の機械を鉱山労働者が操作するためのトレーニング訓練に重点を置いています。最初のトレーニングプログラムは2013年に行われ、すぐに成功を収めました。2番目のプログラムは今年初めに開催されましたが、ここでもさらに大きな影響を業務に与えるような成果が見られています。2015年のコースを準備するに当たって、鉱山とアトラスコプコはアイルランドのアトラスコプコのサービスマネジャーであるダミアン・ハーリー氏の支援を受け、Boliden Tara Mines社のトレーニングコーディネーターであるショーン・ギルモア氏が率いる強力なプロジェクトチームを結成しました。ギルモア氏は、シミュレータトレーニングプランナーとしての重要な役割を担い、シミュレータを提供する前にすべての準備が整っていることを確認しました。鉱山の電気部門とIT部門からも強力なバックアップを受けました。


オンラインでMining & Construction社の記事全文を読む。


ロックボルト 岩盤補強 ドリリング ドリルリグ 鉱業 トレーニング ロックボルト用リグ サービス 切羽掘削リグ 地下採鉱