アトラスコプコレンタルの圧縮空気がサンフランシスコ湾爆縮を安全に遂行

米国ヒューストン、2015年12月7日:アトラスコプコレンタルのオイルフリーエアコンプレッサが、橋脚の爆破解体で水中緩衝域形成に利用されました。サンフランシスコ湾はカリフォルニア州でも最大の生物生息地であり、爆発や爆破解体などの言葉は懸念を呼びます。そのため、築80年のサンフランシスコ - オークランドベイブリッジの21本の橋脚取り壊しにあたって、その方法が議論されました。

2015/11/24

11月14日に実施した爆破解体は、カーテンバブル戦略を実証するよう設計されました。 実証は、最大の橋脚である橋脚E3(5階建てのコンクリートビルに相当)で成功裡に完了しました。ゼネコンのKiewit/Mansonが作業を担当し、アトラスコプコレンタルの1,600 cfmオイルフリーコンプレッサを使って、エアを全力で供給し、爆風を緩衝するバブルカーテンを作りました。アトラスコプコレンタル北米の西部事業副社長のBlake Gearhartは、エアコンプレッサはカリフォルニア州大気資源委員会(CARB)認証を受けたものだと指摘します。

“Kiewit/Mansonは社会的責任を重視する企業で、ディーゼル駆動のエアコンプレッサを必要としていました。当社のコンプレッサはCARB認証を受けているため、明らかな選択先となりました。”

Blake Gearhart

アトラスコプコレンタルのカリフォルニア州リバーモアのエリアセールスマネジャーのBrian Fordは、数多くの1,600 cfmコンプレッサを1つの作業用に組み立てるのはたやすいことではないと言います。

“お客様が必要としているコンプレッサを提供できたと自負しています。当社はディーゼル駆動でCARB認証を受けた100%オイルフリーエアコンプレッサを北米最大の品揃えでご用意しております。”

Brian Ford

Fordによると、高容量アトラスコプコレンタルモデルは、100%オイルフリーのエアを水中に供給するため、環境への影響を抑える要件のあるプロジェクトに特に適しています。さらに安全性を高めるため、各コンプレッサのベースは液体漏出のないよう保護されています。実証日には、橋脚3に注目が集まりました。 実証の様子はオンラインでライブストリーミングされたほか、テレビでも生放送されました。コンプレッサにより、カーテンが問題なく維持されました。

“橋脚の爆破解体は、各関係者の協力のもと、長年にわたって準備、計画しました。科学、技術、エンジニアリングが環境プログラムに集結したのは歴史的なことです。”

Leah Robinson-Leach, カリフォルニア州運輸局ベイブリッジ担当スポークスパーソン

6秒間で構造物に装填された600個の装薬が次々と爆発し、鉄筋コンクリートを破壊して、湾海底の橋脚のハチの巣状の基礎部に崩れ落ちました。構造物の痕跡は何も残らず、爆破物は飛石の予防措置として構造物を包囲していた泡に浮かびました。

“爆破後、3日間にわたる24時間体制の監視をはじめとする初期調査では、水生生態への被害、影響はまったく発見されませんでした。”

CalTrans

“この方法は、最もコスト効果が高く、環境に優しいことが証明されました。”

Brian Maroney, ベイブリッジのチーフエンジニア

湾内の爆破実証の成功を受けて、サンフランシスコ - オークランド間の新しいスカイウェイの建設後に、ベイブリッジの残りの橋脚の爆破解体にもこの方法を適用できます。


詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。


アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具とアセンブリシステムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、エルゴノミクスを重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界各地の各業界の顧客に、エアコンプレッサ、窒素、蒸気、および電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。