Fair Cape Dairies社がRand-Air社からのレンタルで生産を成功へ

2016/06/07

Fair Cape Dairies社は、高品質の乳製品の供給で評判の家族経営企業ですが、当初の小規模経営から、継続的な成長の長期的視野を持つ多角的農業経営へと成長してきました。

圧縮空気は、高品質の乳製品の生産で重要な役割を果たしていることから、Faire Cape Dairies社は、ポータブルの圧縮空気および発電レンタルのマーケットリーダーであるRand-Air社(アトラスコプコレンタル南アフリカ)と長期にわたって提携してきました。Fair Cape Dairies社の管理チームは、品質向上への熱意という戦略的価値から生み出される製品で、マーケットに新風を吹き込もうと取り組んでいました。「当社は国内トップの乳製品ブランドを目指していますが、サプライヤとのパートナーシップが、生産業務の成功をサポートする上で重要な役割を担っています。Rand-Air社などの諸企業に外注することで、自分たちの基幹業務に集中できるのです」とFair Cape Dairies社運用ディレクタのJohan Boshoff氏は説明しています。


「Fair Cape Dairies社は、長年にわたる当社のクライアントであり、現在3か所の拠点で合計5台のコンプレッサを長期賃貸しています。従来、エアコンプレッサは大量の電気を消費し、騒音がひどく、信頼性に欠けていましたが、技術の進歩によって事態は変わりました」とRand-Air社ケーブ地域担当事業開発マネジャーのBrenda Couch氏は述べています。牛乳を一定の温度に冷やし続けることで細菌の繁殖を防ぎます。「当社のGA55 VSD、GA75 VSD、およびGA37 VSDコンプレッサは、Fair Cape Dairies社が大容量タンク内の状況を最適に維持するために必要不可欠な、安定した確実な冷却をもたらします」とCouch氏は述べます。「レンタル機の定期メンテナンスはRand-Air社が行うので、当社のビジネスにとって実質的なコスト削減につながっています。このことはさらに、装置が常に最適な状態で稼働しているという安心感を与え、乳製品工場でのシームレスなプロセスに寄与しています。顧客の期待以上を目指すというRand-Air社の精神には、折に触れて直接目の当たりにしています」とBoshoff氏と評価しました。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具と設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。詳細については、www.atlascopcogroup.comをご覧ください。


スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界中の特定業種の顧客に、エアコンプレッサおよび電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。