アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

アトラスコプコレンタルがゴッタルドトンネル付近での高温圧縮空気バッテリの調査プロジェクトに貢献

2016年8月22日、ベルギー、アントワープ:スイス、ビアスカで、再生可能エネルギーを貯蔵する画期的な方法が開発されています。ゴッタルドトンネルの古い搬送用トンネル内で高温圧縮空気を貯蔵し、必要に応じてこれを電力グリッドへ放出するというテストが行われています。2台のアトラスコプコレンタルコンプレッサが、これらのテストで必要なオイルフリーエアを供給します。テストが成功すれば、過剰なエネルギーを効率的に貯蔵するための最初の手順が行われます。

“ 圧縮空気を地中に貯蔵するという考えは新しいものではありません。すでに70年代後半に研究者たちが圧縮空気を貯蔵して電力源として使用しようと試みました。しかし、これらの貯蔵方法では、プロセス中に多量の空気と熱が失われるため効率的ではありませんでした。 ”

Giw Zanganeh , ALACAESのエネルギー貯蔵技術長

ゴッタルドトンネル付近のハイテクテストセル

このプラグの圧力は、500℃で100 barまで上昇します

「ALACAESは、スイス政府のサポートを受けて、圧縮空気自体だけでなくプロセスで生成された熱も貯蔵することで、効率性を高められるかどうかを調査しています。このために、ゴッタルドトンネルの以前の搬送トンネル内部にハイテクテストセルを作成しました」とZanganehは述べています。


設備がまったく異例であるだけでなく、場所も異例です。テストセルはスイス、ビアスカにあるゴッタルドトンネルの20年前の搬送路に設置されています。この小さなトンネルは最も広い箇所で直径が約5 mしかなく、元々はゴッタルドトンネルの工事の際の岩や他のがれきを搬送するために掘られたものです。このがれきはまだ、トンネルの反対側に見えており、そこでは緑色の平坦部ががれきで作られています。


実際のバッテリ:岩で一杯のコンクリートタンク

ゴッタルドトンネル付近のテストセル

「トンネルの一部を、2つの5 m厚のコンクリートプラグと鉄製のドアで区切りました。この部分の壁はファイバグラスシリコン層で覆われており、圧縮空気の動作を正確に測定できます。これらのプラグ間に、実際の熱圧縮空気バッテリである岩で埋められた厚いコンクリートタンクがあります。これらの岩は発生した熱を保持し、必要に応じて電力グリッドに放出します」とZanganeh氏は説明しています。

圧力と温度は100 bar、500℃まで上昇

アトラスコプコレンタルは2台のオイルフリーコンプレッサを供給して、高温圧縮空気をバッテリとして使用できるかどうかをテストします

Zanganeh氏:「テストする内容は、トンネルの壁とバッテリが、最高100 barの高圧と最高550℃の高温にどのように反応するかです。もちろん、トンネルに負荷をかけすぎないように細かな段階に分けてこれを行う必要があります。テストの最初の部分は、8月中旬に始まり、3週間続きます。この期間中に、圧力を33 barまで、温度を550℃まで徐々に上昇させます。この段階で、アトラスコプコレンタルの2台のオイルフリーエアコンプレッサを使用します。アトラスコプコレンタルを選択した理由は、高品質のオイルフリーコンプレッサをレンタルできる地域で唯一のサプライヤであったためです」。「テストセルは、高圧に耐える水中カメラでカバーされます。これらはすべて、第1プラグの直前のテストラボに接続されています。ここでは、圧力の低下または上昇やトンネル壁または岩バッテリの移動など、テストセルのすべての動作を測定できます。トンネルが圧力を保持でき、同時にプロセスで生成された熱を分離できれば、テストは成功です」とZanganeh氏は結んでいます。

エネルギー貯蔵、地球に優しいエネルギーの次の段階

テストが成功した場合、Giw Zanganeh氏とそのチームは効率的にエネルギーを貯蔵する方法を見つけたことになります。太陽光や風力などの地球に優しいエネルギー源の多くでは、ピーク時に過剰な電力が多量に発生するため、効率的なエネルギーの貯蔵は、「Energiewende」において最大の課題の1つになっています。

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

アトラスコプコは、サステイナブルな生産性ソリューションを実現する世界有数の企業です。当社グループでは革新的なコンプレッサ、真空ソリューションと空気処理システム、土木鉱山機械、電動工具と設備用システムをお客様にお届けしています。アトラスコプコでは製品やサービスを開発する際に、生産性、エネルギー効率、安全性、人間工学を重視しています。当社は1873年に設立され、本拠地はスウェーデンのストックホルムにあり、世界180か国以上に展開しています。2015年のアトラスコプコの総売上は1,020億スウェーデンクローネ(110億ユーロ)に達し、従業員は43,000名を超えています。詳細については、www.atlascopcogroup.comをご覧ください。スペシャルティレンタルは、アトラスコプコの建設機械事業エリアの一部門です。世界中の特定業種の顧客に、エアコンプレッサおよび電源用発電機のレンタルソリューションを提供しています。特殊製品レンタルサービスは、複数のブランド名で提供されます。部門本部は、米国ヒューストンにあります。詳細については、www.atlascopcorental.comをご覧ください。

発電所 ヨーロッパ スイス オイルフリーエアコンプレッサ 2016 エア