高度な技術

イプシロンは、アトラスコプコの豊富な現場経験と高度な研究開発(最先端のシミュレーション技術など)を基に開発された製品です。

バランスのとれた切削構造

切削構造(インサートの配置)とベアリング形状が最適化されており、荷重がベアリング全体により均一に分散されます。その結果、切削構造がより滑らかでバランスのとれたものとなり、掘進速度が長期間維持されるとともに、ベアリング破損のリスクも減少します。さらに、本体の装甲化により、ビット本体とシャツテールの摩耗を最小限に抑えます。

掘削総費用の低減

イプシロン高性能ビットは、大きな破片や岩石を排出できるようにラグが流線形になっています。このビットを使用すれば、掘進速度の高速化、ビット寿命の延長、掘削総費用の大幅な低減を期待できます。また、作業に要する時間も短縮されます。