アトラスコプコのソリューション
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
Process gas and air equipment
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
相手先ブランド製品製造会社
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

Why should I use true oil free air compressors?

Request information

A lot has been said and written about the presence of oil in compressed air. Some defend that for a few processes and end products, it is ok to have a certain amount of oil in the air used while others say that ideally there should not be any oil in compressed air, independently of the process and end products.

2017/01/05

Although, everyone can agree that the best solution is to avoid the presence of oil in compressed air all together. But how to guarantee that the air used in a process is truly oil free, i.e., 100% oil free?

Only a compressor that has gained a TÜV Class 0 certification under the ISO 8573-1 can be classified as truly oil free. We should make sure that when using a compressor labeled by the manufacturer as “oil free” the compressor has the correct TÜV classification. We should be advised that some compressors are labeled “oil free,” but they are actually only “technical” oil free.

What are the differences between a truly oil free compressor and a “technical” oil free compressor and is it such a big deal to rent the latter instead of the former?


The evolution of ISO standards has been reflecting the need of the market for increased quality air for process and end products. A more stringent class of oil content measurement was created by an international independent organization, TÜV, to reflect this evolution. Not only is oil presence measured in aerosols and liquid form, but also in vapor form.
Let’s compare a class zero compressor with a technical oil free compressor.
First, there is absolutely no oil in the air of an oil free compressor while in a “technical” oil free compressor, oil is actually injected in the air and removed afterwards using a filtration process. This procedure involves several parts such as an oil separator, coalescent filters and activated carbon filter to remove vapors. Now, the problem is that during the filtration process failures can happen. A separator can break or a filter can be saturated quicker than expected contaminating the process and the end product.
Besides that, the lifetime of the “technical” oil free machines can be short at high temperatures.
Another disadvantage of a “technical” oil free machine is its high maintenance. The machine has to undergo regular interventions to change the filters and to treat the condensate, leading to higher energy costs.

When using true oil free air compressors, you do not have any of these concerns. Also, you have your safety and environmental problems covered.