エアモータの性能

エアモータの性能は、入口圧によって決まります。

エアモータの性能

モータは性能曲線上のどこでも動作します。

入口圧が一定ならばエアモータは、特性通り出力トルク/回転速度の関係は直線状になります。ところが、スロットルや圧力を調整するテクニックを使って給気を調整するだけで、エアモータの出力を簡単に変えることができます。エアモータの特徴の1つは、モータを損傷させることなく、無負荷回転速度から停止まで、完全なトルクカーブで動作できることです。無負荷回転速度*(アイドリング回転速度)は、出力シャフトにまったく負荷がかかっていない状態の回転速度として定義されます。*無負荷回転速度 = 負荷がかかっていないときの出力シャフトの回転速度

性能曲線

エアモータの出力曲線

エアモータがつくりだす動力は、簡単なトルクと回転数の掛け算です。エアモータは、無負荷回転速度の50%前後で最大出力になります。この時点で生じるトルクを、「最大出力時のトルク」と呼びます。出力の計算式: P = (π x M x n) / 30 M = (30 x P) / (π x n) n = (30 x P) / (π x M) P = 出力 [kW] M = トルク [Nm] n = 回転速度 [rpm]

動作点

エアモータの動作点

エアモータの動作点

用途に適したエアモータを選択するには、「動作点」と呼ぶポイントを定めることが最初のステップとなります。このポイントは、モータにとって望ましいな回転速度と、その回転速度で必要となるトルクで表示します。注:モータが実際に動作している「トルク/回転速度」の性能曲線上のポイントを動作点と呼びます。

空気消費量

エアモータのエア消費量は、モータ回転速度と共に増加し、無負荷回転速度で最大になります。停止状態(圧力が最大に適用された状態)でも、モータはエアを消費しますが、これはモータ内のエア漏れによって異なります。注:空気消費量はl/sで測定されます。ただし、これはモータ内で圧縮されたエアが占める実際の量ではなく、大気圧に膨張させた場合に占める量として測定されます。これはすべての空圧機器で使用される基準です。