アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション
shutterstock_1115081195

データ主導サービスを始めるべき5つの理由

スマートアルゴリズムと接合技術エキスパートのノウハウを組み合わせることで、当社は、お客様の生産プロセスの持続可能で継続的な最適化の提案を行うことができます。当社はこれをデータ主導サービス(DDS)と呼んでいますが、なぜ当社のDDSを始めるべきなのでしょうか?ここではその5つの理由を説明します。

データ主導サービスのエキスパートに問い合わせて、今すぐ始めましょう。

これまで、技術サービスは主に工場の可用性を重視してきました。当社は、接着剤接合、セルフピアシングリベット、およびフロードリルファスニングなどの当社の接合システムを用いてさらに一歩進み、全体的な運用コストの最適化に注力しています。この目的のために、当社のソフトウェアツールは、接合システムからのデータを収集して視覚化します。そして、スマートアルゴリズムと接合技術エキスパートのノウハウを組み合わせることで、当社は、お客様の生産プロセスの持続可能で継続的な最適化の提案を行うことができるのです。当社はこの方法をデータ主導サービス(DDS)と呼んでいます。なぜデータ主導サービスを始めるべきなのでしょうか?ここではその5つの理由を説明します。

1. データを完全に管理する

スマート・オンプレミスとスマート・トゥ・クラウド

「スマート・オンプレミス」と「スマート・トゥ・クラウド」におけるデータ主導サービスの付加価値

正しい結論を導き出して必要な措置を開始するには、データの一貫した評価と解釈が重要となります。多くのメーカーの場合、自社固有のデータのセキュリティに関する懸念が、この方法に対する主な障害となっています。アトラスコプコのデータ主導サービスを利用すると、お客様は常時、データに対して行われることを完全に制御し続けることができます。お客様は、どのデータをアトラスコプコと共有するかを決定して、サービスポータル経由でデータをリリースすることができるのです。

お客様はまず「スマート・オンプレミス」ソリューションから始めます。データはお客様のネットワーク内に維持されます。そして、設定された方法で分析が実行され、可能性のある改善の特定や適切な措置を展開が行われます。当社のエキスパートによるリモートメンテナンス、メンテナンス計画の作成、実際の利用データに基づいた予測、そしてシステムに基づいた問題の特定などの機能も、「スマート・オンプレミス」ソリューションとして利用できます。

 「スマート・トゥ・クラウド」は、さらに一歩進んだソリューションです。収集されたデータは、セキュアなゲートウェイとトンネルを経由してクラウドへ転送されます。こうすることで、全体の情報や、予備部品の自動注文、予測メンテナンス、効率性と品質に関する重要指標の継続監視などの利点が得られます。

2. 最も必要としているときの迅速かつ効率的なサポート

当社のエキスパートによるリモートメンテナンスは、低い故障率でスムーズに運用するための重要な要素となります。このような運用のために、アトラスコプコは認定済みのセキュリティコンセプトを展開し、故障や問題が発生した場合の迅速かつ優先的な24時間のセキュアサポートを実現しています。お客様はサービスポータル上で一度クリックするだけで、イベントの詳細、システムおよびプロトコルのデータに基づいてチケットを発行することができます。「カンファレンスセンター」では、ラインマネジャーや工場作業者が、チャット、テレビ会議、ファイルの共有により当社のサービスエキスパートと情報交換を行い、共同で問題解決に当たることができます。当社のエキスパートが工場との接続を確立しなければならない場合は、お客様がセキュアなVPNトンネルを開放することで、精度の高い分析や是正措置が可能となります。実施された措置はすべて、工場のログに文書化されます。

3. ダウンタイムの継続的に短縮するために問題の原因を特定する

アトラスコプコのデータ主導サービス向けサービスポータル:個別に構成されたダッシュボードを使用して、お客様は接合システムの効率性に関する重要指標を常に監視できます。

アトラスコプコのデータ主導サービス向けサービスポータル:個別に構成されたダッシュボードを使用して、お客様は接合システムの効率性に関する重要指標を常に監視できます。

当社のサービスポータルは、生産プロセスを監視するための基礎となります。ソフトウェアはお客様のネットワークにインストールされ、当社のシステムとリンクされます。必要な場合は、問題の原因を特定したり可能性のある改善策を提示したりするために、アラームやサービスチケットなどのイベントデータを当社が分析します。たとえば、接着剤接合システムにおいてポンプの過剰な摩耗が特定され、これが頻繁な不具合を招く場合は、圧力や温度などのパラメータが正しく設定されているかを当社が確認し、システム設定の変更を助言します。当社の経験によると、ダウンタイムによる費用やその結果生じる作業は、最大で30%削減されることが示されています。


4. 予測メンテナンスで費用を削減する

計画的なメンテナンスを受けても、セルフピアシングリベットツールのスピンドルが破損したことはありませんか? 場合によっては、時間ベースのメンテナンス計画ではあまり正確だとは言えないこともあります。当社の「メンテナンスマネジャー」ソフトウェアは、メンテナンスチームによる使用状況に基づくメンテナンスの支援を行います。これには、装置の実際の使用状況に基づいた、次回のメンテナンス作業に関するメッセージや予測などが含まれます。メンテナンスチームは、メンテナンスの実施が早すぎたか遅すぎたかなどは関係なく、メンテナンス作業のフィードバックを入力できます。この方法により、予測はさらに正確になります。部品の分解、メンテナンス、および取り付けが行われた場合は、メンテナンスマネジャーが装置の状況を記録します。お客様は、関連するすべての部品の状況を常に管理できるのです。メンテナンスマネジャーを利用すれば、関連する作業や、予備部品および部材の倉庫保管費用を最大で20%削減可能です。

5. 効率性と品質の継続的改善

すべての接合システムが計画どおりに稼働していますか?そうであれば、システムをさらに効率化すべき時が来ています。ここはOEE Cockpitの出番です。これは、平均修復時間(MTTR)、ダウンタイム、材料消費、塗布品質など、効率性に関する重要指標を提示して、不具合の原因を評価し、弱点や最適化の可能性を提示するものです。たとえば、接着剤接合システムや計量システムの場合、ソフトウェアは塗布された接着剤の量と洗浄された量を比較します。こうすることで、装置を洗浄する際に、いつ過剰な材料が無駄になったかを確認できます。さらには、当社のエキスパートが長期間のデータを分析し、装置の効率性をさらに改善するための方法を示すこともできます。

チェックリスト

データ主導サービスをご利用いただく準備はできましたか? 当社がサービスの利用をお手伝いします。

✔ 生産、特に接合システムに関する明確な目標を設定します。

✔ サポートや協力がなければDDSは実現しません。最初の段階からIT部門、生産、品質管理、そしてメンテナンスチームを巻き込みます。

✔ 生産システムが貴社のIT環境内でネットワーク化されており、体系的にデータを取得できることを確認します。

✔ 自己学習プロセスの最大のメリットを引き出すために、システムにフィードバックを送信する準備をします。

✔ チームがデータに基づくシステムメッセージに迅速に対応し、適切な措置を開始できる立場にあることを確認します。