Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション
フレーム加工

車体工場のフレーム加工における塗布

車両製造用フレーム加工ソリューションの詳細をご覧ください

詳細を問い合わせる

フレーム加工における塗布の課題:

フレーム加工は、サイドパネルとルーフバウをアンダーボディと接合するプロセスです。衝突安全性、軽量設計と短期の生産期間が常に最優先の目標です。アトラスコプコはお客様との協力により、あらゆる形状と設計の車両に最適のソリューションを提供します。

構造接合

車体の剛性と耐衝撃性の最適化を構造接合と呼びます。車体工場では高粘度の接着剤を採用して、安全で信頼性の高いジョイントを実現しています。SCA製品ラインのホワイトボディ向けの構造接着について詳しくご紹介します。

ビード塗布

ビード塗布による構造接合

ほとんどの自動車メーカーは通常、従来式のフレーム加工に標準的なビードを使用します。これは、エポキシ系接着剤により高い強度と剛性を得るのに最適な方式です。生産性の上がる接着剤塗布と理想的なシステム構成は最大500 mm/秒の速度に達します。ビード塗布はハイブリッド接合だけでなく、振動防止にも用いられます。内部と外部の部品を弾性のある材料で接着することで、振動への脆弱性を大きく弱めることができます。


スティッチビード塗布

スティッチビード塗布によるハイブリッド接合

スティッチビード塗布は、構造接合に理想的な方式です。溶接スポットの間にビードパターンを割り込ませて、接合強度を下げずにコストのかかる接着剤を節約できます。溶接フュームと飛散も減り、サイクルタイムにも影響しません。プロセスの塗布速度が高いので、非常に高速の塗布装置が必須です。塗布装置は長寿命で、常にかかる高い負荷に対処できるものが必要になります。

シーリング

組み立て後にシーリングが難しく、腐食から保護が必要な箇所は、多くの場合にフレーム加工プロセスでシーリングをします。

ビード塗布

シーリング用の各種ビード塗布

車両製造におけるシーリングに最適な塗布方式が標準ビードです。ビードのサイズは、シールする箇所に応じて調整します。この種の塗布プロセスは、多くはゴムまたはゴムとエポキシを混合して使用します。アトラスコプコは、お客様が必要とする幅とスロット長に応じてさまざまなノズルを取り揃えています。

その他の車体工場用途: