産業機器事業エコデザインコンセプト

製品やソリューションを設計する際、当社は関連する各ライフサイクルからの環境負荷を低減させるために、全ライフサイクルを検証します。当社では、エネルギー効率、材料の選択、製品の長寿命、部品の設計、保守性、再利用、再生産やリサイクル性(つまり循環性)の各分野に焦点を当てています。製品開発プロセスで繰り返しエコデザイン審査を実施することにより、環境的側面に焦点を当て、環境負荷を最小限に抑えることができます。当社のエコデザイン審査は、エコデザインの6つ焦点分野を基本にしています。

当社のエコデザイン焦点分野

産業機器事業部で、当社は6つの異なる分野からエコデザインにアプローチしています。これらは、製品開発プロジェクトごとに実施されるエコデザイン審査のコアを形成します。この手順により、プロジェクトの初期段階でエコデザインの目標が定義できます。画像をクリックすると詳細が表示されます。

アトラスコプコの産業機器事業部では、製品開発段階で環境的側面を統合して継続的に作業し、当社製品による環境負荷を最小限に抑えます。エコデザイン成果のお知らせを通じて、お客様は環境活動の成果を確認できます。以下に特定の製品に関するエコデザインの根拠を紹介します。

“ エコデザインは、法的要件を遵守することだけではありません。将来的に、サステイナブルな方法で設計されている当社の製品を求めるお客様が増えると確信しています。エコデザインは子供たちのために、より良い世界をもたらすための方法でもあります。 ”

Lars Eklöf , MVI事業部社長

“ エコデザインによりライフサイクルコストを下げ付加価値を高めることができます。私は、エコデザインはアトラスコプコと当社の製品を競合他社から差別化する方法だと考えています。 ”

James McAllister , GI事業部社長

エコデザインコンセプトは、アトラスコプコ内だけでなく、外に向けてお客様やその他関係者の環境認識を高め、環境負荷に関する議論を促すことを目的としています。

エコデザインコンセプト