エネルギー貯蔵システム、中型。10~90 kVAのESS - アトラスコプコジャパン
アトラスコプコジャパン - Power Technique
アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
ドリルソリューション
Power Technique
ソリューション
取扱製品一覧
Power Technique
エネルギー貯蔵システム
レンタルサービス
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
ドリル
製品とソリューション
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

エネルギー貯蔵システム、中型

10~90 kVA

見積依頼

Loading...

寿命40,000時間

これは5000サイクル以上、または1600日以上の連続運転に相当します。

ハイブリッドシステム

中型シリーズの2モデルは、定格出力15 kVAおよび45 kVA、エネルギー貯蔵容量45 kWhに対応します。幅広いソケットオプションにより、ユニットを発電機に簡単に接続できます。

燃料とCO2排出がゼロ

燃料消費量とCO2排出量を劇的に減らしながら、最適の性能を騒音ゼロで発揮し、メンテナンスはほぼ不要です。

70%コンパクトで軽量

高密度のリチウムイオンバッテリは、他のテクノロジと比べて軽量です。軽量かつ小型のため、専用機器を使わずに輸送できます。

12時間の自律性

12時間以上の電力を1回の充電(1.5時間の充電)で

騒音ゼロ

エンジン音を排除できない発電機駆動ソリューションと違い、バッテリは静音で稼働します。

ZBP-ZBE、中型エネルギー貯蔵システム

ZBPおよびZBEの設置面積はわずか1.5 m2で、従来のスタンドアロン発電機に比べて70%小型かつ軽量です。小型化には高密度のリチウムイオンバッテリが大きく貢献しており、汎用性と使いやすさを新たなレベルに引き上げています。このエネルギー貯蔵システムは、電力を損うことなく4万時間を超える製品寿命を達成します。これにより、総所有コストをきわめて低く抑えられます。

すべての中型および大型エネルギー貯蔵システムはハイブリッドモードでスタンドアロンソリューションとして運転可能ですが、ZBPおよびZBEは特定の用途に最適です。そのサイズと容量から、遠隔地の通信設備に最適です。また、都市部の建設現場で使用する際に、需要ピークと低負荷を相殺できます。さらに、このエネルギー貯蔵システムは排出ガスゼロで稼働し、発電機を稼動できない、騒音に配慮が必要な地域でも使用できます。言うまでもなく、ZBPとZBEは再生可能エネルギー源からのエネルギーも貯蔵可能です。 

ハイブリッドモード:工事現場で24時間稼働

中型ESSの技術情報

一般的な技術データ   ZBP 45  ZBE 45
公称定格出力 kW/kVA 36/45 12/15
公称エネルギー貯蔵容量 kWh 46 46
定格電圧(50 Hz) VAC 400/230 400/230
バッテリシステム電圧 VDC 48 48
公称定格電流 A 65 22
動作温度(1) -15~50 -15~50
音量レベル dB(A) < 70 < 70
性能(2)
自律放電:公称出力の100%/75% h 1/1.4 3/4.1
自律放電:公称出力の50%/25% h 2.1/4.7 6.2/13.1
充電時間/パーキングモード充電(@DoD%) h 1.8/18.3 4.4/ -
推奨発電機サイズ kVA 60~120 15~45
最大アウトレットハイブリッドシステム A 165 122
寸法と重さ
寸法(長さx幅x高さ) mm 1300 x 1160 x 1900 1300 x 1160 x 1900
重量 kg 1325 1230

パンフレットをダウンロード

アトラスコプコのソリューションポートフォリオ