DrillAirシリーズ - アトラスコプコジャパン
アトラスコプコジャパン - Power Technique
アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
Power Technique
ソリューション
取扱製品一覧
Power Technique
エネルギー貯蔵システム
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
ドリル
製品とソリューション
レンタル製品ラインアップ
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

DrillAirシリーズ

20~45 m³/min/706~1589 cfm(12~35 bar/16~612 psi)

お問い合わせ

掘削時の燃料を節約

漸進的な圧力上昇と比較して、35 barでの掘削が燃料消費に与える影響はどのようなものでしょうか。アトラスコプコがテストを実施し、35 barで掘削すると、作業が迅速化し、総燃料消費が低減することがわかりました。

Loading...

500m

Drillair Y35を使用して1日に掘削可能な深さ

10%

Dynamic Flow Boostにより、排出時やドリルステムの再充填時の流量が増加します。これにより、排出や再充填が速くなり、ドリル作業時間が短縮されます。

1トラック

当社のコンプレッサは、たった1台のトラックでコンプレッサとドリルリグを運搬できるほど、コンパクトにまとめられています。

トラック1台

フレームが4.1 mの短さなので、コンプレッサとリグをトラック1台で運搬できる。

3つの保護層

キャノピを長期間良好な状態に維持するために、アトラスコプコはZincor、プライマ、粉体の3つの保護層を使用しています。

メートルごとのコスト

圧力30~35 barで掘削すると、1時間で掘削できる距離が伸び、メートルごとの総コストを抑えることができます

掘削専用のソリューション

アトラスコプコでは、どのような流量や圧力条件であっても、圧縮空気という観点からドリルについて考えています。DrillAirコンプレッサは、圧力と流量の完全な調和を実現し、燃料を節約しながらこれらの要因を完全に制御することができます。当社の最先端コントローラ、Xc4004の詳細をご覧ください

DrillAirに投資する4つの理由:
1. DrillAir Y35は、1日500 mの掘削が可能です。2つの4.5インチの地熱井を1日の掘削作業で完成できます。
2. コンプレッサフレームが4.1 mと短いため、コンプレッサとリグを1台のトラックで運搬可能です。
3. DrillAirはStage V排出ガス基準に適合しているため、環境に配慮したプロジェクトに最適です。
4. DrillAir Y35の消費燃料は1 mの掘削につき2.2リットル未満です(各種の作業要因により異なります)。

どのDrillAirコンプレッサが作業に最適でしょうか?

AirXpert 2.0のおかげで、様々な流量や圧力設定でDrillAirを使用できます。お客様のコアビジネスにとって最も効率の良いDrillAirユニットを検討することで、他の用途にも対応する最適なユニットを選択できます。

DrillAir選択チャート

製品ラインアップ

DrillAir Y35、DrillAir V39、DrillAir X28、DrillAir V28、DrillAir H32、DrillAir V21、DrillAir H23

保有機械への追加

Loading...

お客様の声

アトラスコプコは、新しいDrillAir Y35をスウェーデンでのフィールドテストに送り出しました。このビデオでは、掘削会社オーナーの導入事例をご紹介しています。

Loading...

Drillair Dynamic Flow Boost

Loading...

掘削時の燃料を節約

Loading...