アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ライトタワーを選択する際の5つの重要な考慮事項

2021/07/08

ライトタワーは、建設、採鉱、屋外の公共イベントなどの現場において重要な「バックボーン」を成す装置であり、暗い場所や視界が悪い状態で作業する必要のある数多くの用途やプロジェクトに照明を提供します。重要なことは、ライトタワーによって作業者が作業を効率的かつ安全に行えるようになることです。このため、購入とレンタルのどちらを選択するかが重要な判断になり、ライトタワーを選ぶ前にいくつかの要素を考慮する必要があります。

ライトタワーを購入するかレンタルするか選択する際に重視すべき5つの重要な考慮事項を次に示します。

適切なライトタワーを選択する方法

LEDライトタワーを選ぶべきですか?

最適なモデルを見つけるには、まず照明が必要な現場とスペースを評価して、ライトタワーをどれくらいの時間使用する必要があるかを検討するようお勧めします。たとえば、広いスペースに照明が必要な場合、または1つのエリアで長時間照明を使う必要がある場合、LED式の検討をお勧めします。LEDライトタワーは、最大5000平方メートルのエリアの照明に約1400 Wの電力しか必要としないのに対し、メタルハライドライトタワーでは、最大4000平方メートル(43055平方フィート)の照明に約4000 Wの電力が必要です。堅牢性の面でも、LEDランプはメタルハライドと比べて耐久性に優れており、想定される製品寿命は50000時間を超えます。照射範囲も広く、少ない燃料消費量で長時間の稼働が可能なため、建設や採鉱などの過酷な環境での使用に最適の選択肢です。

LEDモデルを選択する際は、運搬性と性能の両面を考慮して電球が設計されているかどうかを特に注意してください。この点で、異物侵入保護(IP)と衝撃保護(IK)等級に適合したヘビーデューティ仕様のLED投光器を推奨します。等級については、必ずメーカーに確認してください。

ライトタワーを選択する際の適切なパワーソースは何ですか?

ライトタワーを選ぶ際に考慮すべきもう一つの重要な点は、どうやって電源を取るかです。作業現場で電源を簡単に確保できる場合は、電気のみで稼働するライトタワーを検討するようお勧めします。これは、優れたプラグアンドプレイ性能を備えた最新の画期的な製品で、補助電源、ディーゼルやガソリン駆動の小型発電機などの電力源に接続することも、グリッドに直接、接続することもできます。モジュール式接続機能を備えた電動式ライトタワーは、モデルによって最大9基のライトタワーを1台の発電機で駆動できます。これにより、保守とメンテナンスの効率が向上し、総所有コストを削減できます。ただし、複数のユニットを簡単に接続して広いエリアをカバーできる一方、電動式ライトタワー1基の照射範囲は最大3000平方メートル(32292平方フィート)で、ディーゼル駆動のライトタワーよりも狭い点にご注意ください。 

電気のみで駆動するライトタワーは、ディーゼル駆動のライトタワーよりも設置面積が小さいため、静かで環境に優しいだけでなく、燃料補給による中断や機械部品の整備などの余計なメンテナンスなしで、照明として使用することができます。 

一方、電源へのアクセスが制限されている、または電源を確保できない遠隔地で作業を行う場合、ディーゼルエンジンなどで駆動するライトタワーが最適な選択肢になります。ただし、頻繁に給油しなくても済むように、燃料消費量の少ないモデルを検討することが非常に重要です。これにより、環境への影響を抑えられるだけでなく、プロジェクトのコスト効率も向上します。

マストについて

垂直マスト方式ライトタワーは、世界的に水平マスト方式のライトタワーに取って代わりつつあります。垂直マスト方式は、マストを立てたままライトタワーを運べるので、安全に運搬および設置することが可能です。そのため、垂直マスト方式ライトタワーは設置面積を減らせるだけではなく、最大22基のユニットをトラック1台で運搬できます。 

プロジェクトのニーズに最適なマストを選択するには、その用途を検討することが不可欠です。たとえば、レンタル機器を利用して、時間的制約のあるプロジェクトでライトタワーを使用する場合には、油圧マストが最適です。ボタン操作でマストを上下できるため、簡単、安全、迅速に操作してダウンタイムを短縮し、生産性を向上させることができます。最先端の技術を採用した油圧マスト式のライトタワーは、強風時にマストが自動的に格納されるため、作業現場の安全性を確保できます。一方、ライトタワーの設置に時間的制約がなく、公共用途やイベントでの一時的な照明など、それほど長時間設置する必要がない場合には、手動マスト式のライトタワーが最適な選択肢です。手動マスト式は、巻き取り式のハンドルでマストを引き上げて、所定の位置に簡単に固定できます。

投資を確実に保護する方法

まず、用途を判断して、ライトタワーのレンタルと購入のいずれが良いかを決定する必要があります。たとえば、ライトタワーを1回限りの道路建設プロジェクトで使用する場合は、長時間、効率的に稼働できる機能を搭載したモデルをレンタルするのが良策です。 

ライトタワーのライフサイクル全体を通じて、購入した製品に対する投資を保護する方法は多数あります。その1つが、用途に応じて、ポリエチレン製の頑丈なキャノピを装備したライトタワーを選択することです。10年前に発売されて以来、ポリエチレン製キャノピは高い耐久性と重要な内部部品を守る優れた保護性能により、その価値を証明してきました。金属製キャノピとは異なり、耐腐食性にも優れているため、過酷な周囲環境でも長期間使用できます。ポリエチレン製のさまざまな種類のモデルが市販されている点にご注意ください。メーカーに問い合わせて、キャノピの品質と耐久性の試験手順について確認することをお勧めします。

整備要件

また、ライトタワーの設計は、キャノピを取り外す必要がなく、整備と修理のすべてのコンポーネント、具体的には、エンジン、オルタネータ、制御パネル、排出口に容易にアクセスできるようにするのが理想的です。ライトタワーの種類によっては、これらのエリアにアクセスするのに時間がかかる場合があります。

まとめ

ディーゼルライトタワー

ポータブル発電機装備のHiLight E3+電動式ライトタワー

数年前まで、ライトタワーは耐用年数の限られた単純な装置と考えられていましたが、現在では、高いレベルの耐久性と価値を提供する各種の製品が販売されています。もはや汎用型のソリューションで妥協する必要はありません。今は、エンドユーザーが個々のニーズにマッチするライトタワーを選択できる時代です。

そのため、購入時にメーカーと協力して、それぞれの用途に適した製品を選択することをお勧めします。この過程で、設置場所、具体的な作業環境と周囲の状態、電源、現場の規模、必要な照射範囲など、ライトタワーを設置するすべての条件を考慮することが重要です。これにより、現場での生産性、安全性、可視性を向上させるライトタワーを購入することができます。
フェリックス・ゴメス氏

フェリックス・ゴメス氏

製品マーケティングマネジャー - ライトタワー

ライトタワーをお探しですか? アトラスコプコのポートフォリオをご覧ください。