アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

空圧式ハンマおよびブレーカ用メンテナンスチェックリスト

保守に関するこのヒントを活用し、お使いのアトラスコプコTEXハンドツールの効率と生産性を向上させましょう。

03-5765-7890

RTEX Pneumatic handheld

最大限の生産性を実現するための定期メンテナンス

定期的なメンテナンスは、機械を安全に効率的に使用し続けるための基本的要件です。メンテナンス方法に従って実施してください。

  1. 圧縮空気用ホースおよびカップリングに損傷がないか確認します。
  2. ブレーカが、アトラスコプコのブレーカ・ハンマ用Air-Oilで適切に潤滑されているか確認します。内臓式ルブリケータ装備のブレーカの場合は、毎日充填する必要があります。毎朝、作業開始時に充填するようにすると良いでしょう。
  3. オイルプラグが締まっていることを定期的に確認します。
  4. オイルプラグのO-リングに損傷がなく、しっかり締まっていることを確認します。
  5. ツールリテーナが閉じた状態でツールを外向きに引っ張り、ツールリテーナが正常に機能しているか確認します。ブレーカからツールが外れないことを確認します。
  6. ツールチャックの磨耗度合いを専用のチャックゲージで点検します。あそびが大きすぎると、振動が多くなります。摩耗の進んだチャックはすぐに交換します。
  7. 振動軽減ハンドル付きのブレーカの場合、以下の方法で機能を確認します。
    • ハンドルが上下方向に自在に動くか確認します
    • ハンドルの前後方向のあそびが大きすぎないか確認します
    • スプリング搭載ハンドルのスプリングの状態を確認し、損傷している場合は交換します。

定期メンテナンス

約150打撃時間ごと、または年に2回、機械を分解し、すべての部品を清掃しチェックしてください。この作業は、訓練を受け認定されたスタッフが実施してください。

サービス 空圧式ブレーカ エアハンマ

弊社サービスの詳細はこちら