field service

WEDAポンプ整備のヒント

お使いのポンプを季節の変化に備えましょう。ここでは、円滑に効率よく運転するためのヒントを紹介します。

PDFのダウンロード

ポンプの準備を整えましょう。

web image

電源ケーブルの状態を確認する:

絶縁に亀裂があると、ケーブルに水が浸入して感電事故や重大な故障にいたるおそれがあります。


web image

外部が損傷していたり部品が緩んでいないか調べる:

定期的に目視点検することで故障を防ぐことができます。間違った製品の使用や外的要因が原因でポンプハウジングが損傷し、水が浸入して内部部品に重大な故障が生じることがあります。


web image

オイルの確認/交換

潤滑とシーリングがすべての用途において最高の効果を発揮できるように、オイルを6か月ごと、または取扱説明書の記載に従って必ず交換してください。


web image

電源ケーブルのシーリングを点検する:

ケーブル押さえがきちんとシーリングできていないと、水が浸入して、大きな電気的障害が発生して機器が故障するおそれがあります。


web image

電動モータと安全機器の状態を確認する:

絶縁抵抗値が低いと、運転中に突然故障してしまうおそれがあります。これを防ぐため、ステータの絶縁を定期的に測定し、電気安全機器がすべて適切に機能しているか確認することをお勧めします。


web image

摩耗部品の状態と調節を検査する:

摩耗部品の状態を定期的に点検して、必要に応じて調節することをお勧めします。アトラスコプコでは、お客様が現場ですばやく修理して、予防メンテナンスができるよう、メンテナンスキット、摩耗キット、修理キットをご用意しています。各キットをご利用いただくと、稼働時間を最大限に延ばし、最適な性能を維持することができます。&


web image

フロートスイッチの状態と機能を確認する:

このスイッチは、お使いのポンプが自動的に始動/停止する際の補助をします。正しく動作しないと、生産性に影響したりポンプが故障してしまいます。