アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

エアツールの効率的な設置に対する管理の重要性

エアツールの生産性向上と機能の最適化に何が不可欠だと思いますか。それは、最適化されたエアのインフラ設備です。作業に最適なツールを選んだら、エアのインフラにもさらなる労力を費やさなければなりません。圧縮エアシステムでは、エア圧とエアフローの2つが最も重要です。まずエア圧とエアフローとは何か、どのようにして測定するかを知りましょう。

エア圧

エアフロー

コンプレッサが特定の時点で指定された仕事量を行えるかがわかります。コンプレッサには、プロセスの完了に必要となる適切な量の圧力(パワー)が求められます。圧力不足では作業を完了できません。一方、圧力が過剰な場合、機器の損傷により不測の故障が発生するおそれがあります。 コンプレッサができることとは、一定の作業を連続して行うことです。必要なフロー量は、作業完了までの所要時間により異なります。フローが足りなければ、コンプレッサを一旦止めて予備タンクで圧力を再度高める必要があります。フローとは、単位時間あたりに表面を通過する流体量です。

測定単位:単位表面積あたりのパワー。barはメートル単位で、psiはインペリアル単位。

測定単位:ある圧力でのL/s(リットル/秒)またはcfm(立方フィート/分)。

空気配管設備を改善し、エアツールに依存した生産のパワーと効率を高めるには、何が間違っていて何が正しいかを知ることが重要です。

対処法:

  • エア圧が正しくない:多くの現場ではエアツールを低すぎるエア圧や間違って設定したエア圧で使用しています。ツールの性能は、エアインフラの正しい設定に依存します。
  • 誤ったエア機器の選択:圧縮エアシステムでは、不適切な寸法のホースや古いエア機器が見過ごされがちです。そのため、問題の主な発生源となります。エアツールが定格出力で作動するには、通常6.3 bar(90 psi)が必要です。運転圧力が1 bar(15 psi)低下すると、生産性が25~30%損なわれます。
  • 煩雑(余計)な接続:エアツールが増えると、既存のエアシステムとの配管や接続も増え、圧力損失の増加につながります。これに伴い、システムの効率も低下します。そのため、エアコンプレッサとエアインフラの運転コストも上昇します。


  • するべきこと:

  • 工場内のエアインフラの計画を立て、製品を適切にセットアップすると、ツール効率を向上し、エネルギーの無駄を抑えて、システムの運転コストを大幅に削減できます。
  • 正しいエアツールを選びましょう。装置の圧力損失はエアツールが必要とするエアフローの量に依存し、フローが増加するほど圧力損失が大きくなります
  • 用途に適切なエア量と流量を供給してエネルギーを無駄にしないサイズのコンプレッサを選びましょう


  • 結論として、わずかな方法でエア配管を改善できる推奨事項を以下にまとめました。

    潤滑性が寿命を延長。フィルタとレギュレータにより、潤滑エアをクリーンで乾燥した状態に整え、監視します。

    距離 – できる限り近くに配置。最長3~5 m / 10~16フィートの適切なタイプのホースを使いましょう。

    口金ネジの寸法。各ツールに適切なニップルを選択します。フルフローカップリングが最高の性能を発揮します。

    エア消費量。大径のパイプサイズとカップリングを採用して、ツールに適切なエア圧を供給できるようにしましょう。

    許容範囲内の圧力損失。漏れを防ぐには、耳でよく聴きましょう。

    作業環境。屋外や過酷な環境で運転する場合は、より耐久性の高いエアラインシステムを設置しましょう。


    詳細については、ホワイトペーパー「Air tool management in 5 minutes(5分でわかるエアツール管理)」をダウンロードしてください。また、アトラスコプコのエアライン設備と各種エアツールもご確認ください。