アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

エアツールが電動ツールに比べて優れている点

製造業のお客様にとって、経費削減と生産能力の向上は大きなテーマです。電動ツールの導入費用は魅力的ですが、エアツールは運用上の総費用が低く、長期的に見て生産性が高くなります。その理由を見てみましょう。

2020/06/30

鋳造と金属加工 政府および防衛関連 一般産業 取扱製品一覧 記事 OEM - 相手先ブランド名製造 航空宇宙産業 エレクトロニクス 自動車産業 産業用ツールとソリューション アトラスコプコ 重機と機械 造船 エネルギー 鉄道産業

エアツールが電動ツールより優れている理由は複数存在します。
優れた人間工学 - 生産性の高いグラインダの場合、使いやすさの上で最も重要な要素は、ツールの重量と振動レベルです。重いグラインダを一日中持つと、作業者にストレスと負担がかかります。また、グラインダの振動レベルが高いと、作業者にはさらに大きな負担がかかり、作業により多くの時間を費やしたり、負傷などのリスクが増加するため、疾病による休業につながる可能性もあります。
出力対重量比 - エアグラインダは、電動グラインダに比べ、より高い出力対重量比を持っています。簡単に言えば、他のモータ型式に比べてエアグラインダはサイズと重量比ではるかに高い出力を発生します。電動ツールメーカーは大抵、ツールの出力を電動モータに供給されるワット数により分類しています。電動ツールの仕様には表示されていませんが、電動モータに供給される出力は、出力軸に到達するワット数と同じではありません。ツールにセットされた研磨材に実際に到達する定格ワット数は50~60%にすぎません。一方、エアグラインダの入力と出力はイコールです。定格1馬力のエアツールは、スピンドルで1馬力の加工能力をもたらします。
生産性の向上 – エアグラインダは 過負荷への感度が低く仕様どおりの出力を維持できるため、生産率が向上します。電動ツールを使用する作業者は、モータを損傷して修理やツール交換に高額の費用がかからないように、ツールの過負荷に注意を払う必要があります。
感電リスクの排除 - どの型式のグラインダも、水分、導電体、可燃性の液体が存在する環境で使われることが多いものです。コードや配線の損傷により作業者の安全にリスクが生じ、感電につながるおそれがあります。さらに、金属加工業では、溶接前の金属洗浄や準備にアセトンなどの可燃性化学物質を頻繁に使用しますが、こぼれた化学物質の液だまりに損傷した電気配線が触れると、簡単に発火するおそれがあります。鉱山やタンク洗浄産業などの閉鎖空間での作業では、蒸気密度が上昇することがありますが、エアツールは電気を使わないため、モータ内で火花を発生することはありません。
過酷な環境で高い性能を発揮 - 電動ツールの寿命に影響を与える最大の脅威は埃と熱です。水中に落としたり、高温の直射日光下にさらすことは、ツールの寿命を縮めます。性質上、電動モータには守らなければならない定格耐用サイクルがあります。定期的に停止しないと、モータから発生する熱で性能が低下し、ツールが早期故障することになります。さらに、加工工程では粉塵の生成が避けられません。オープングレート型モータコンパートメントは冷却が必要で、電動ツールのモータは埃や破片の堆積の影響を受けやすいものです。これとは対照的に、エアツールは鋳造所、造船所、海上石油プラットフォーム、発電所、金属加工施設、石油化学精製所での使用に特化して設計されています。エアツールは100%の耐用サイクル、つまり24時間年中無休の稼働を条件として設計されています。
容易な保守メンテナンス - 産業用のグラインダは、使い捨ての機器ではありません。これらの製品は、長年にわたって定期的にメンテナンスし、保守することが可能です。電動ツールの平均的なメンテナンス間隔は60~120時間で、通常はブラシによる清掃が必要です。それに比べて自動車修理/メンテナンスグレードのエアツールの平均メンテナンス間隔は200時間であり、産業用のエアグラインダは、次のメンテナンスまで2,000時間稼動させることができます。

Advantage air tool
結論 - 機械加工での部品のバリ取り、塗装面の準備、鋳造所でのゲート/ライザー分割。どの作業でも製品出荷までの時間短縮は重要な課題となります。エアグラインダを使えば、作業完了までの時間を短縮でき、作業の安全性と快適性が高まります。さらに、デューティサイクルが100%と保守間隔が長ければ、作業に費やす時間を増やし、ツールを保守するための時間を短縮できます。エアグラインダの方が、初期投資がかかりますが、運用上の総費用は低減できます。エアツールへの投資は、製造における生産性を大幅に改善でき、理に適っていると言えるでしょう。