Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ツールの検定とツール校正

ツールの検定とツール校正はしばしば、同じ意味で使われます。しかし本当に同じで良いのでしょうか?2つの違いとは何でしょうか?これらの用語にまつわる曖昧さを明らかにしていきましょう。

Quality assurance and manual fastening Articles Quality

 

ツール検定

検定の1つの定義は:工場の仕様に従ってツールが動作することを確認し、証明するために使われる試験プロセスです。 

検定は、想定される結果が工場の仕様範囲内であることを確認するために使われます。さらに、検定は調整可能な校正値のない以下のようなエアツールや電動ツールにも使われます。

  • エアツール
  • トルクトランスデューサのない電動ツール

この定義を詳しく見ると、Cm/CmkテストやSPC(統計的生産管理)などの品質保証プロセスが関連していることがわかります。これらのプロセスは、ツールの精度、性能の経年変化を点検するために必要な統計ツールを提供します。

ツール校正

校正はどうでしょうか?測定技術や計測学において校正とは、テストを受ける機器によって得られる測定値と、校正基準の既知の精度の測定値との比較と定義されます。

検定との違いを理解する上で鍵となる言葉は、比較です。この場合校正とは、ツールから収集した表示値を評価するために使用される基準のことです。

比較が鍵です

違いは明らかです。私たちは精度を点検するために統計ツールは使用しません。ツール校正では、ツールが狂っているかどうか、およびどのくらい狂っているかを確認するために単純に数値を比較します。

この比較では、ツールを調整するために有効な情報も得られます。電動ツールの場合、ツールの較正値を調整して表示値を修正します。

通常、ツールメーカーは、ツールを少なくとも年に1度校正することを推奨しています。これはあくまで推奨であり、校正の頻度はツールの使用頻度や用途の重要性などによって変わります。

アトラスコプコのサービスや、ツール校正、検定に関する質問は、弊社にお問い合わせください。