アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

電動工具の重量:お使いの工具は軽量化が必要ですか。

エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

最も重要なことは、電動ツールを使用する作業に伴う障害のリスクを軽減するためには、できる限り軽量なツールを探し求めることです。重量は、全体的な電動ツールのエルゴノミクスを決定づける様々な要素の1つです。

重たい工具がユーザーのエルゴノミクスに良い影響を与えるケースはごくわずかですが、そのうちの2つが、水平面の研磨やチッピングです。  

重量とエルゴノミクス
重い工具のメリットには、振動レベルが低く、場合によっては送り分力をかける必要が減ります。
デメリットは、重量により手、腕、肩に負担がかかり、作業に伴う筋骨格障害のリスクが高まることです。 送り分力が特に必要ない作業では、工具重量を最低限に抑えるべきです。体に負荷のかかる姿勢で作業し、反復運動が多い場合には、軽量な工具を使う重要性がさらに高まります。

重量は、他の外力と同様、常にできる限り低く保つべきです。

グラインダーは、材料を除去する為に、一定の送り分力を必要とします。

  • 作業現場がかなり水平で、肩の高さより低い位置で作業できる場合は、工具の重量が送り分力に影響し、作業者はそれほど強く押す必要がありません。工具が重いほど、作業者にかかる全体的な負担が低減されます。
  • これとは逆に、肩の高さより高い位置で作業する場合は、まずは工具の重量を克服し、次に送り分力をかける必要があります。このような状況は絶対に避けるべきです。

  • 金属に対しては強く、作業者には優しい製品

    エルゴノミクス技術:当社のガイドをダウンロード

    By submitting this request, Atlas Copco will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.