GE Aviation社ではウェアラブルテクノロジーでメンテナンスエラーを低減

ジェットエンジンメーカーの推定では、フルードラインやホースを密閉するBナットと呼ばれる部品の締付けが適切でないと、年に数百万ドルの損失になります。

2018/10/17

試験時にBナットが緩すぎまたは締めすぎと分かった場合、乗客を乗せて飛行する前にエンジンを修理する必要があります。最近まで、ナットの適切な締付けを確認する手段は限られていました。トルクレンチを手にした作業員が腕と勘で微妙なバランスを調整する必要がありました。

シンシナティでの予備調査 - ウェアラブルテクノロジーでメンテナンスエラーを減らす

GE Aviation社は最近の予備調査で、エラーを最小に抑え、製品品質の向上とメカニックの効率向上を図るためのウェアラブルテクノロジーの活用について評価を行いました。光学式ヘッドマウントディスプレイ産業用拡張現実ソフトウェアアトラスコプコSaltus MWR-85TAスマートワイヤレストルクレンチなどの多くのテクノロジーを合わせて調査しました。

MWR-85TA being utilised by GE Aviation in a wearable technology pilot

この調査プログラムのため、アトラスコプコからはGEチームにワイヤレストルクレンチが貸与されました。使用されたアトラスコプコSaltus MWR-85TAトルクレンチは15~85 Nm(11~62.7 ft lbs)のトルク調整機能を備えています。アトラスコプコでは、提案された用途に基づきウェアラブルテクノロジーと組み合わせることのできる、さまざまなモデルのワイヤレストルクレンチを用意しています。

素晴らしい成果

試験に加わった15名のメカニックの約85パーセントが、このシステムにより製造時のエラーが減ると語り、60パーセントが従来方式よりもウェアラブルテクノロジーを利用したいと答えました。ある上級メカニックは、グラスなしで35分かかっていた作業をグラスありで32分で完了し、作業時間が8パーセント短縮されました。また、同日の別のメンテナンス作業で、このメカニックは標準の方法で51分かかっていた作業を、グラスを使って38分で終え、25%短縮できました。平均で、対象のすべてのメカニックの効率は8~11%改善し、機器の使用法を習得する学習曲線を考慮するとさらに向上が見込まれます。

このデータをもとに、GE社ではボルト締付けテクノロジーが10年間に数百ドルの費用削減をもたらすものと推測しています。


協力:GE社クリスティン・クロバーダンツ、テッド・ロバートソン、ジェイ・ビショフ、マット・ゲイマン、エリック・イルゼ各氏

詳細を見る