Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション
ヘムフランジの接合

車体工場のクロージャ製品

車体製造用の構造接合、ヘムフランジ接合、防振ソリューションの詳細をご覧ください

詳細を問い合わせる

クロージャ製品の課題:

クロージャ部品(ドア、エンジンフード、トランクリッド、フェンダー)の生産は、車体製造ラインでも独立した工程です。この工程で最も難しい接合作業の1つに、ヘムフランジ工程があります。

構造接合

車体の剛性と耐衝撃性の最適化を構造接合と呼びます。車体工場では高粘度の接着剤を採用して、安全で信頼性の高いジョイントを実現しています。車体製造の構造接合に最適なSCA製品の詳細をご覧ください。

ビード方式

ビード塗布による構造接合

ビード塗布による構造接合

車両製造のほぼすべての工程ステップで、標準ビードが好まれます。エポキシベースの接着剤により優れた強度と剛性を実現します。内側と外側のシートを接着すると、望ましい構造性能が得られるだけでなく、腐食を防ぐことができます。これは、クロージャ部品の生産で特に重要な点です。


ヘムフランジの接合

ヘムフランジは、ドア、フード、トランク、リフトゲートなど、内側と外側のパネルの接合に採用される機械的接合技術です。ヘム加工した継ぎ目は、サンルーフ組立でも重要です。耐衝撃性を高め、腐食を防止するには、ヘム加工したパネル間の隙間を高強度の接着剤で精確に埋める必要があります。

スワール方式

ビード方式とスワール方式の比較

車体製造では、ヘムフランジ接合にスワール技術がますます注目されるようになっています。その理由は、材料分配の精度に優れ、製造条件の最適範囲で高い信頼性を実現するためです。特にクロージャにビードを塗布するのは、複雑な部品形状がある場合、極めて困難なことがあります。そのため、スワール技術とその柔軟性に対する人気が、自動車業界でますます高まっています。E-Swirl 2 AdX BIWの製品カタログで、アトラスコプコの最新製品をご覧ください。

ビード方式

従来型のビードは、ヘムフランジ接合でも最も確立された方式です。迅速かつ高い信頼性で処理できる点が最大の利点です。ビード方式の処理は、複雑な部品形状では非常に困難になることがあります。アトラスコプコのエキスパートがいつでも、お客様に最適の方式を特定し、ニーズに合わせてカスタマイズをお手伝いします。

ヘムフランジ接合の詳細情報:

防振用途

ドア、フード、トランクの一部部品は、運転中の振動や騒音による影響を低減できるよう、高い弾性で接続する必要があります。防振用途には、標準ビーズや分注ドットがよく利用されます。

マルチドット方式

一見よく似たマルチドット方式と多軸方式

一見よく似たマルチドット方式と多軸方式

マルチドット方式は緩衝装置の役割を果たすとともに、内部部品と外部部品間の保護スペーサとして機能します。アトラスコプコの充填システムは、充填機器1台で最大36個のドットを適用します。平均的なシステムレイアウトでは、8~10台の充填ツールが設置されます。アトラスコプコのマルチドット方式を採用した防振ソリューションの詳細をお気軽にお問い合わせください。


多軸方式

防振用途

防振用途

フードに防振用途を選択した場合、マルチドット方式とほぼ同じ成果を達成できるため、多軸ソリューションが採用される傾向があります。マルチドット方式と比べると、多軸方式は、サイクルタイムの長い、少量生産に採用されます。充填システムが特殊軸に取り付けられており、接着剤システムコントローラを通じて管理されます。ロボットのサイクルタイムを短縮できるため、人気の高いソリューションです。

その他の車体工場用途: