Our Solutions
アトラスコプコレンタル
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション
真空ソリューション
ルーフィング

車体工場のルーフィング塗布

車体製造用のルーフィング塗布の詳細をご覧ください

詳細を問い合わせる

ルーフィング塗布の課題:

最新の自動車では、ルーフ構造がスムーズな外観で、騒音を抑えるのが絶対不可欠です。ルーフはアルミニウム、スチール、プラスチック、カーボンファイバなど、様々な素材で製造することができますが、どの材料にも特別な配慮が必要です。アトラスコプコは、高度な接合工程に関する知識を駆使して、お客様の製造工程を支援いたします。

防振

ルーフパネルは大型なため、自動車の走行時に、これを支持、緩衝して、騒音を抑える必要があります。ホットブチルやゴムベースの接着剤を車体内側と外側のパネルとの間に塗布するのが一般的なソリューションです。

ビード方式

 防振用ビード方式

防振用ビード方式

従来、ほとんどの自動車メーカーでは、ハイブリッド接合ばかりではなく、防振用途にも標準のビード方式を採用してきました。内部部品と外部部品を弾力性に優れた材料で接合することにより、振動による影響をうまく抑えます。ビード方式は扱いやすく、必要な効果をすばやく高い信頼性で達成します。

ヘムフランジの接合

ヘムフランジとは、ドア、フード、ボンネット、リフトゲートなど、内側のパネルと外側パネルを接合する機械的接合設計です。サンルーフの組立では、継ぎ目のヘム加工も重要です。耐衝撃性を高め、腐食を防ぐには、ヘム加工したパネル間の隙間を高強度の接着剤で精確に充填する必要があります。

スワール方式

ヘムフランジ接合向けスワール方式

ヘムフランジ接合向けスワール方式

スワール方式は、ヘムフランジ接合の生産品質を改善します。この方式は、最適な材料分配と製造条件の最適範囲で信頼性に優れるため、業界でますます注目されるようになっています。スワール技術により、最大50 mmの距離から塗布が可能なので、製造工程の柔軟性が高まります。アトラスコプコのSCA E-Swirl 2 AdX BIWは、このような用途に最適です。このアプリケータは、ビードの操作性に優れ、狭い範囲に一定にスワール塗布できるため、複雑な自動車形状に最適です。

ビード方式

ヘムフランジ接合向けのビード方式

ビードの連続塗布は、ほとんどの自動車メーカーで実施される確立された標準的手法です。この方式は、時間の短縮と高い信頼性を実現します。ただし、複雑な部品形状などでは、作業が極めて困難になることがあります。アトラスコプコのエキスパートが、お客様に最適の方式を特定し、お客様のニーズに応じてカスタマイズできるよう、いつでもお手伝いいたします。


ヘムフランジ接合の詳細情報:

その他の車体工場用途:

当社製品とサービスの詳細情報: