アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

組立工程におけるエラープルーフの5つの手法

製品組立に工程管理とエラープルーフを導入して不具合ゼロ戦略を実現する方法を紹介します。

詳細の問い合わせ

製造現場で生産初回から高品質を達成するエラープルーフの5つの手法

生産工程における最も一般的なヒューマンエラーは、さまざまな原因によって、指示に従わないために起こるエラーです。手順の省略、誤ったツールや部品の使用などは、現代の組立工程における作業ミス防止の重要性を示す例です。消費者がますます高度にカスタマイズされた製品を求めることも、こうしたエラー率の背景にあります。複雑な新製品が頻繁にリリースされることから、一度で高品質を達成することはパフォーマンスの需要なKPIとなっています。従来は、同じ製品を大量に生産することで、ヒューマンエラーを抑制していました。複雑さが増すとともに、ソフトウェア工程管理(SPC)をベースとするリーン生産モデルの有効性は縮小しています。これらの手法は、紙面の指示による作業ミス防止や、厳密なハードウェアセンサ、アクチュエータ、その他のヒューマンエラーを抑制するエラープルーフ装置など、補助的な作業ミス防止手段で補強されていました。現在のスマートファクトリーでは、ソフトウェアをベースとする作業場のエラープルーフなど、新しいインダストリー4.0テクノロジーに注目し、初回から品質を達成する事を目指しています。エラープルーフの上位5つの手法アトラスコプコのエラープルーフソリューションが支援する不具合ゼロ戦略の達成方法をご覧ください。

視覚的な指示で作業員に組立工程のステップを分かりやすく指示

ヒント1:作業員のスキルと製品の完成度に基づくビジュアルな指示
対話式の組立指示と作業者ガイドをすべての作業ステップに関連付け、作業員のスキルレベルに応じて継続的にフィードバックします。たとえばマネジャーはラインに配属されて1週間の作業員に対して手順ごとに詳細な進捗を確認し、一方で5年の経験を積んだ作業員については重要なチェックポイントのみ確認することができます。ラインの新しい製品やプロセスと既存の確認済みのプロセスについても、同様に対処できます。重要なのは「対話式」であることで、作業員が関わりながら、組立工程のすべての重要ポイントでエラーをチェックすることです。これらのチェックによりエラーの発生を防ぎ、発生した場合も数秒で発見します。これにより、全体的な生産ダウンタイムを大幅に短縮できます。


作業者による間違った部品使用の回避

ヒント2:部品検証で作業のやり直しを回避
自動部品検証でバーコード、RFID、視覚システムを使用し、修理や製品リコールを抑止します。製品モデルの増大や製品が複雑化しているため、外観が似通った部品を間違って使用するなどのヒューマンエラーを引き起こします。電子式制御モジュール(ECU)などは、外観が似ていても内部のソフトウェアが異なります。組立工程のエラープルーフとして、スキャンした部品を指定された部品番号と照合して自動確認するか、部品表をリアルタイムで確認することで、やり直しや修理、さらにはリコールにかかるコストを大幅に節約できます。


ツールインターロックで間違ったツールの使用を回避

ヒント3:ツールインターロックでリコールの予防対策
ステーションで製造する製品モデルに応じて、適切なツールと締付プログラムが実行時に選択されます。製品のねじやファスナーの締付に誤ったツール/プログラムを使うと、リコールにつながる可能性が高まり、企業評価が損なわれる結果となります。製品ラインのエラープルーフとして、ステーションの製品に応じてツールとプログラムを自動選択すると、ブランドの地位を守り、リコールに対する予防策となります。


作業員を識別して無許可または訓練されていない作業員による作業を防止

ヒント4:作業員を識別し、認証チェックで責任の所在をクリアに
作業員のアクセスを管理して、認証レベルを確認してから組立作業を許可することは、責任の所在とコンプライアンスにとって必須の条件です。変化に富む製造環境での作業員の関与は、製造業者が直面する大きな課題の1つです。作業員の責任を確保することは、その積極的な関与を推進して作業ミス回避を実現する第一歩であり、最終的にダウンタイムの短縮にもつながります。


データを一元的に収集、保存して工程を管理、Webインターフェイスで簡単に確認

ヒント5:トレンドを把握して生産を最適化するデータ収集
ボルト1本に至るまでデータを記録することは、ビッグデータ分析、コンプライアンス、トレーサビリティ、部品の文書化などに不可欠です。ほとんどの製造業者は規制への準拠を目的としてデータを記録しますが、データの実際の価値は作業ミス防止の最適化、トレンド把握や予測といった目的に使用されます。お客様が購入した製品の製造番号をもとに正確な製造データによる証明書を入手し、仕様どおりに製造されていることを確認できるとしたら、ブランドの評判にとって高い効果があることが想像できるでしょう。


次のステップ:多くの製造業者が工程にソフトウェアを活用し、生産ダウンタイムの削減、リワーク、修理およびリコールのコスト削減、ブランド評価の保護など、エラープルーフのメリットをすでに実現しています。
アトラスコプコのエラープルーフソリューションの詳細は、弊社エキスパートにお問い合わせください。