アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ディーゼルコンプレッサと電動コンプレッサ

最適なテクノロジを選ぶ方法

お問い合わせ

ディーゼルコンプレッサと電動コンプレッサのどちらが適しているか

ディーゼルコンプレッサと電動コンプレッサ

アトラスコプコはディーゼルコンプレッサと電動コンプレッサともに対応

ポータブルエアコンプレッサの動力源を電気モータとディーゼルエンジンのどちらにするかの選択は、自動車産業の最新の開発動向を受けて注目を集めています。
英国政府とフランス政府は、電気自動車の導入を促進するために、2040年までにディーゼル/ガソリンエンジンを搭載する新車の販売を禁止する案を打ち出しています。これは、国民の健康と地球の環境を守ることが目的です。
この対策の反対派は、現在の電池技術に限界があることを論拠に反論し、自動車の充電による電力需要の増加により、国内電力網の現在のピーク時能力である61ギガワットからさらに国内全体で約30ギガワットが必要になり、対応できないことを主張しています。

いくつかの用途においてディーゼルエンジンから電動エンジンへと移行する動きであることは明らかで、ポータブルコンプレッサも例外ではありません。アトラスコプコはディーゼルコンプレッサに加えて、電動コンプレッサもフルラインアップしています。では、お客様のニーズに適しているのはどちらのテクノロジでしょうか?

Hendrik Timmermans , ポータブルエア部門マーケティング担当VP

住宅地の建設現場に最適な電動コンプレッサ

低騒音。

通常の会話と同じ65dB(A)ほどの静かなコンプレッサ駆動音

ディーゼル排気なし

永久磁石電気モータ搭載

送電網へのアクセス

住宅地は電源の確保が容易

最適な方式を選ぶには、電動コンプレッサとディーゼルコンプレッサに関する無料のeガイドをダウンロードしてご覧ください。

電動ポータブルコンプレッサ:5.4~25 m³/min(190~900 cfm)、5~14 bar(72~200 psi)

電動式ポータブルエアコンプレッサの導入をお考えですか。