アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

電動ポータブルコンプレッサE-Air(インバータ駆動)

E-Air VSDコンプレッサシリーズ:131~1,100 cfm、62~520 l/s、3.7~13.2 m3/min

お問い合わせ 03-5765-7890

未来を電化する

現場の電源が活用できる場合、電動ポータブルコンプレッサは最適なソリューションです。

Loading...

E-Air - 頑丈で高い信頼性

E-Air H250 VSDには長年の実績に基づく技術が採用され、過酷な屋外用途向けの高い耐久性を備えています。

Loading...

61

dB(A)

一般的な会話の騒音レベルに匹敵。

50%

運転コストの節約

2000時間

整備間隔(2年に1回)。

最大騒音値61 bB(A)

通常の会話程度の騒音レベル

効率の向上

E-Air VSD内蔵の永久磁石モータは、格段の性能を発揮します。特に部分負荷運転時に、VSDコンプレッサは最大50%効率が高まり、エネルギーとコストを大幅に節約します。

低メンテナンス

ディーゼルエンジンを使用しないので、必要な整備もわずかです。2000時間または2年ごとの予防保守で済みます。そのため、時間と費用の節約につながります。

ディーゼル排気なし

騒音規制や排気ガス規制の厳しい地域や屋内での使用に最適

PACEによる圧力設定

アトラスコプコのポータブルエアコンプレッサの圧力は、ボタンをタッチするだけで変更できます。弊社コンプレッサにはPACE(Pressure Adjusted through Cognitive Electronics)技術が採用されているため、1台で複数の用途に対応します。しかし、メリットはこれだけではありません。流量が増えても低圧設定で対応でき、燃料を節約できます。

可変速駆動、永久磁石電動モータ

プラグアンドプレイ式で、低電流で始動します。このエネルギー効率に優れたモータは静かでコンパクト。非常に過酷な条件にも耐えます

E-Air VSDインバータ駆動電動ポータブルコンプレッサシリーズの詳細

適正な用途であれば、電動へ移行することのメリットに決して誇張はありません。騒音レベルの改善、ディーゼルエンジンからの排気ガスなし、効率の向上、より簡単な整備など、多くの恩恵が得られます。電動に移行してみませんか。作業現場に電源がある限り、電動コンプレッサは最も効率的なソリューションです。

アトラスコプコのE-Air VSDコンプレッサシリーズは、性能、エネルギー効率、汎用性に大きな変革をもたらします。E-AirのVSDモータは、クリーン、コンパクト、高効率かつ静音であると同時に、コンプレッサの設置、稼働が簡単です。排出ガスゼロ、比類なき高効率、低騒音レベル、プラグアンドプレイ設計により、E-Airはどんな場所でもお使いいただけます。

運転コストを50%削減

E-Air VSDコンプレッサの心臓部はインバータ駆動の永久磁石モータです。電動モータにより、比類なき高効率ときわめて低い騒音レベルを実現しました。

E-Air H250 VSDおよびE-Air H450 VSDに内蔵された永久磁石モータはアトラスコプコで自社開発され、屋外での使用にも耐久性を発揮します。このモータは巻線が樹脂容器で密閉されているため、水や埃からしっかりと保護されています(IP 66)。

独自の設計による永久磁石モータとインバータ駆動により、VSD電動ポータブルコンプレッサは、コンプレッサの製品寿命中の状態の90%を占める部分負荷または無負荷の状況において、定速コンプレッサよりも50%以上エネルギー効率に優れています。

プラグアンドプレイ式の多用途に対応する電動コンプレッサ

E-Air VSDは、採用されたPACE技術によって、1台のコンプレッサで複数のコンプレッサの役割を果たします。XC2003コントローラにより、幅広い圧力レンジから用途に応じた圧力を簡単に選ぶことができます。

PACEコントローラ搭載の汎用電動コンプレッサで、稼動率とROIを向上

コンプレッサの稼動率を向上させるPACEコントローラ

すべてのE-Air VSDには、電動圧力調整システムであるPACE技術(Pressure Adjusted through Cognitive Electronics)が採用されています。コンプレッサのコントローラで圧力を選択し、用途に合った流量を指定すると、PACEコントローラが設定を固定して、最適な圧力と流量に調整します。圧力の設定は3クリックで完了し、0.1 bar(2 psi)刻みで圧力を選択できます。


1台のコンプレッサでさまざまな用途のニーズに対応します。ハンドツール操作用の5 bar(72 psi)から、サンドブラスト用の10 bar(145 psi)、ケーブル巻取り用の最大14 bar(200 psi)まで、1台ですべてに対応します。従来の定速コンプレッサは1つの圧力レベルに固定されており、それに合わせた最大流量を供給していましたが、PACEコンプレッサは低圧設定でも従来以上の流量を供給します。負荷が下がると、それに合わせてPACEがモータ回転数を微調整し、エネルギーとコストを削減します。PACEの詳細を読む


ライブラリのダウンロード

ディーゼルと電動ポータブルコンプレッサ、その違いとは?

ディーゼルコンプレッサまたは電動ポータブルコンプレッサシリーズの解説画像

電動エアコンプレッサを選ぶべき理由

配電網へのアクセスが可能な場合は、電動化による多くの利点を得られます。


  • ディーゼルコンプレッサと比べて、安価な運用コスト 
  • 同等性能のディーゼルコンプレッサと比べて、50%以上コンパクト 
  • 低騒音 
  • CO2排出ゼロ 
  • 非ディーゼルエンジンの場合、予防メンテナンスは2,000時間または2年ごとに1回でOK

製品ラインアップ

E-Air H185 VSD、E-Air H250 VSD、E-Air H450 VSD、E-Air V1100 VSD