アトラスコプコのソリューション
Industrial Tools & Solutions
Solutions
産業区分
Industrial Tools & Solutions
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
鋳造および金属加工
産業区分
産業区分
Industrial Tools & Solutions
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化

リベットジョイントに最もよくある不具合の修正法

この記事では、リベットジョイントに最もよくある不具合とその修正方法を詳しく紹介します。

2019/03/12

リベットジョイントには、様々な不具合が発生する可能性があります。そのほとんどは、適合しないリベットサイズの使用、または間違った穴あけ加工準備により発生しています。こちらをクリックして、適切なリベットサイズを選択する方法の詳細をご覧ください。よくある不具合には、以下のようなものがあります。


1.marks in head of structure close to head.





ヘッドやヘッドに近い構造の傷
原因として、フィード力が低すぎるためにガンが跳ね返った、またはガンが構造物に対して直角に作動していないなどが考えられます。

Shank is not in the center of bucked head





シャンクがバックヘッドの中心にない。ヘッドの傾斜。

バッキングバーがプロセス全体を通じて、構造物に対して直角ではなかった。バッキングバーのタイプを間違えていた可能性があります。

3.concentric rings in head or on structure around head





ヘッドまたはヘッド周辺の構造に同心円の輪。

輪がヘッドにある場合、ダイの穴が小さすぎることが考えられます。輪が周辺構造にある場合、ダイの穴が大きすぎる可能性があります。

number 4



様々な形状の亀裂。

この基準は、亀裂の種類、位置、程度を検出するためのものです。開放型の亀裂は通常、不適切な熱処理によるものです。閉鎖型の亀裂では、位置と程度がより重要です。亀裂が交差していないかぎり、通常問題はありません。亀裂の原因として、リベット工程が長すぎることも考えられます。

5.swelled rivets that open the structure



膨らんだリベットによる構造の開放。

これは通常、穴あけ加工の準備段階でシート間に切り屑が入ったために発生します。リベットを取り外して、ジョイント部分を清掃する必要があります。わずかな隙間ならば許容されることもありますが、タンクや圧力のかかる胴体では許容されません。

6.open head or gapped head



ヘッドの開放または隙間。

原因として、フィード力が適切にかからなかったことが考えられます。バッキングバー側からのフィード力が高すぎたか、リベッティングハンマー側のフィード力が低すぎた可能性があります。ほとんどの場合には許容されますが、インテグラルタンクや圧力のかかる胴体部では許容されません。

Flush type rivets



フラッシュ型リベットのヘッド開放。

カウンターシンク加工の不具合が原因の場合があります。次のリベットサイズを採用して(可能であれば)、カウンターシンク加工を繰り返すと調整できることがあります。ヘッドが開きすぎている場合には、何らかのリベット研磨が必要です。

リベットの取り外し

以上の不具合が確認された場合には、ほとんどの場合、リベットを取り外すことで解決でき、コストが生じることはありません。リベットを取り外す一般的な手順は、以下の通りです。

Removing the rivet

# 1. ソリッドリベットを取り外すには、ヘッド側から穴あけします。リベットよりも1サイズ小さいドリルを選択します。ヘッド中心部の小さいへこみをパンチします。ドリルがリベットにしっかりと一致するようにしてください。トリガをやさしく押して、ドリルを低速で始動します。こうすると、ドリルを制御しやすくなり、滑りリスクを最小限に抑えることができます。

# 2. ヘッドからシャンクまで穴あけして、シャフトとヘッド間にほとんど材料が残らないようにします。

# 3. 穴にぴったりのピンパンチを使って、シャンクからリベットを取り外します。小型のチゼルも使えますが、表面を傷つけないよう、最大限の注意が必要です。

# 4. リベットを取り外すには、ピンパンチを軽いハンマーとともに使って、数回叩きます。リベットをカップのようなものに集めておきます。注意深くこの手順に従えば、穴を損傷させずに、新しいリベットを穴に適用できます。

関連情報