適切なリベットサイズの選択方法

溶着や締付けなど、ジョイント方法が進化を遂げているにも関わらず、航空機組立業界やその他の軽量建設業界では、高強度の金属板を溶接できないため、リベッティングが今も広く採用されています。

2018/04/24

リベッティングシステム

リベッティングのメソッド採用には、低コスト、容易な穴要件、高い信頼性、軽量で高強度のジョイント、高い弾性と耐久性による耐疲労性など、複数の理由があります。

light-bulb?

原則として、リベットには連結する金属板の最も厚い部分の最低3倍の直径が求められます。軍用規格では、リベットジョイントのバックカウンターヘッド径をシャンク径の1.4倍以上と規定しています。さらに、高さはシャンク径の0.3倍が求められます。すべてのパラメーターを考慮して、必要なリベット長を計算できます。許容値は通常、約1.5Dです。

たとえば、0.050インチ(1.27 mm)の金属板2枚をリベットでつなぐとします。この場合、適切なリベット径は3 x 0.050 = 0.150インチ(3 x 1.27 = 3.81 mm)となります。
5/32インチのリベット(0.156インチ、3.96 mm)を使います。金属板の厚さは0.050 + 0.050 = 0.10インチ(1.27 + 1.27 = 2.54 mm)、1.5Dは0.234インチ(5.94 mm)なので、リベット長は0.10 + 0.234 = 0.334インチ(1.27 + 5.94 = 7.21 mm)となります。

以下の図を参照してください。

rivet

特に、オーバーホールおよび修理用などのリベットでは、原則として、隣接する構造で使われているのと同じサイズとヘッド形状を使います。これにより、ジョイントの強度要件を満たすことができます。

リベットに関するもう1つのトピックは、穴あけ加工の準備です。リベットサイズを選択して、金属板を用意した後、せん孔ようにへこみをつけます。

穴のへこみをセンターパンチで、せん孔に十分な深さまでパンチします。
パンチがうまくできない場合には、へこみが大きすぎることが考えられ、金属が変形するおそれがあります。
ドリル径は、穴に適用するリベットの種別により異なります。

適切なリベットサイズを選択する方法

表の注記には、リベットよりも約1/3,000インチ大きいドリルサイズが示されています。

せん孔を開始する前に、ドリルの状態とツールにチャックが適切に取り付けられていることを確認することが重要です。ここをクリックして、ドリルの状態をチェックしてください。

せん孔後、穴の端部を面取りせずに、バリを除去します。
シートがずれる、または隙間ができることもあります。その場合には、2つの穴が干渉しないようにし、リベット時にシートをできる限り接近させるよう、スキンピンまたはクランプを使ってください。


Eiffel Tower



ご存知でしたか…


… エッフェル塔の建設では、18,038個の部品を250万個のリベットでつなぎました。