アトラスコプコのソリューション
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
パワーテクニーク
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
相手先ブランド製品製造会社
産業区分
相手先ブランド製品製造会社
相手先ブランド製品製造会社
相手先ブランド製品製造会社
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション

レンタル会社が新しいポータブルコンプレッサを購入する前に考えるべき7つのポイント

レンタル事業用に新しいコンプレッサへの投資をお考えですか?

お問い合わせ

レンタル機器としての最適なコンプレッサの選び方

あなたは機器のレンタル会社を経営し、どのコンプレッサをレンタル機器として導入するかを判断しなければならない立場でしょうか?ひょっとしたら、事業運営においてレンタル機器に頼ることが多く、どのようなものに目を向けるべきかを知りたいと考えているのかもしれません。どちらの場合にしても、必ずしもすべてのポータブルコンプレッサが同じようにレンタル用として十分適しているわけではないと認識する必要があります。

収益性 は、適切なコンプレッサを選ぶことによっても高めることができます。最も良いレンタル料金で最もよく利用していただけるモデルを手にしましょう。ここでは、次のレンタル機器としてコンプレッサを選ぶ前に考えるべき7つのポイントを説明します。

1. 見込まれるコンプレッサの稼働率はどれくらいか?

さまざまな圧力設定で稼働できるコンプレッサは、さまざまな用途での使用が可能です。そのため、そのマシンの稼働率が向上します。これは、より少ない投資と少ない所有機器で、投資利益をより早く回収できるということになります。

つまり、会社の敷地を10 bar、12 bar、そして14 barのコンプレッサでいっぱいにするよりも、これらのすべての圧力に対応できる1台のモデルを購入すれば、サンドブラストを行う企業だけでなく、8 barでハンドツールを使用するお客様の役にも立つのです。

市場にある多くのコンプレッサはデュアル圧力式で、事前に設定された2つの圧力の間で切り替えが可能です。しかし、さらに進歩したコンプレッサには、電動圧力調整システムがあり、作業者はコンプレッサのオンボードコントローラで希望の圧力を簡単に設定できます。そして、これは次に紹介する技術にもつながります…

2. コンプレッサの操作は簡単か?

レンタル用のコンプレッサはさまざまな人によって操作されます。そのため、簡単に設定して安全に操作できることが好ましいと言えます。検討しているコンプレッサのコントローラを実際に使用して、操作のしやすさや耐久性を確認してください。

一方で、コントローラは、コンプレッサを誤使用から保護する必要があります。レンタルを利用するお客様が機器の重要な設定を変更しないよう、サービスキーなしでは詳細設定やヒストグラムにアクセスできないようにしなければなりません。

3. コンプレッサがどの程度デジタル化されているか?

デジタルコンプレッサはコントローラ以上の仕事をします。デジタルコンプレッサは、機器の情報をクラウドへ送信できます。オンラインでコンプレッサの性能、燃料消費量、そして運転時間も追跡できるため、請求の際の手助けにもなります。機器上に設けられたQRコードで機器のサービス情報にアクセスできるなど、デジタル化は基本的なものになりつつあります。

所有するレンタル用のコンプレッサは充実していますか? そうであれば、テレマティクスに関心を持つかもしれません。ジオフェンスなどの機能はコンプレッサの追跡に役立ち、パフォーマンス指標や報告機能は次のメンテナンスを通知したり、アラームを出したりします。最も進んだ設定では、遠隔地からの機器の停止やロックさえも可能です。

4. コンプレッサは本当に移動しやすいものか?

吊り上げポイントが1つのユーティリティコンプレッサ

建設の世界では、機械が750 kg未満ということが大きな利点となります。その重量を下回っていれば、特別な免許を持っていなくても一般の乗用車でコンプレッサのけん引が可能です。レンタルを利用される小規模のお客様は、その重量未満の優れた機器を常に探しています。最も効率的な電動ポータブルコンプレッサは、最大で7 m³/min(237 cfm)の性能を発揮します。

仮に、それよりも多くの流量が必要であるとしても、より小さな設置面積で他のものよりも輸送が簡単なコンプレッサもあります。車台、けん引棒、そして使用する国での通行許可についてお調べください。輸送の際に機器を吊り上げる必要がある場合、吊り上げポイントが1つであることがより良い選択肢となります。非常に大きなコンプレッサやブースターの場合、機器が標準のトラックに収まるようであれば、コストを大幅に節約できます。

5. 変化する排出基準に対応できるか?

Stage Vコンプレッサ

レンタル機器の中に電動コンプレッサはすでに用意されていますか? レンタルを利用されるお客様は、現場に電源を取り入れたり、低排出地域で機器を使用する場合がますます増えています。電動ポータブルコンプレッサは、二酸化炭素を排出せず、ディーゼルエンジンよりも騒音レベルが低いという、都市部では重要な条件となる2つの利点を兼ね備えています。さらに、電動モータは優れたエネルギー効率を発揮します。つまり、より小型の電動コンプレッサがディーゼルコンプレッサよりも高い性能を発揮するのです。

もちろん、まだ多くのお客様が自律型のディーゼルコンプレッサを求めています。また、さらに進む排出基準を理由として、購入よりもレンタルを望む企業の数が増えています。特に、プロジェクトベースのビジネスモデルを採用したり、さまざまな場所で操業している企業は、建設機器への投資を避けたいと考える場合もあります。 ヨーロッパでは現在、世界で最も厳しい排出基準であるStage Vが順次施行されています。レンタル機器として新しいコンプレッサを購入するときは、現時点でそして今後すべてのお客様の役に立つために、該当市場で最も厳しい排出基準に適合することを確認してください。

6. コンプレッサをいかに早く整備できるか?

コンプレッサは数多くの過酷な状況に耐えることになるため、頑丈に作られることが好ましいと言えます。メンテナンスや修理が必要な場合は、サービス技術者の密接なネットワークと、簡単に入手できる予備部品が求められるようになります。

時(稼働時間)は金なりという言葉のとおり、予防メンテナンスも早く簡単に完了できる必要があります。ねじ込み式フィルタ、アクセスが容易な点検箇所、そして標準化された部品のすべてが、日常業務を大幅に楽にします。3つ目のポイントで述べた機器上のQRコードから予備部品をクリックして購入できれば、さらに好ましい状況となります。

7. コンプレッサの再販価値はどれくらいか?

Atlas Copco 2011 Used Equipment

最後に述べるこのポイントも重要です。コンプレッサがその寿命を迎えたときに、どれくらいの価値が残るかを検討しておきたいと考えることもあるでしょう。そのためには、信頼できるブランドを選択したり機器の十分なケアを行うこととは別に、過酷な状況を乗り切る機能があるかどうかを確認するという手もあります。

その1つがコンプレッサのキャノピーです。キャノピーには防食塗装が施されているでしょうか? ポリエチレン製であればさらに優れています。丈夫さや耐久性という点で最高のものでしょうか?そうであれば、コンプレッサが屋外に何年も置かれたとしても新品のような見映えを保つでしょう。一部のコンプレッサメーカーは、中古機器の買い戻しさえ行っています。場合によっては、新品のコンプレッサを購入する前に、事前に決められた買い戻し条件を契約書に追加することもできます。

小規模の契約者にレンタルするか、大規模の石油およびガスプロジェクトをサポートするかに関わらず、所有するレンタル用のコンプレッサを慎重に選ぶことは、投資コストと稼働率に影響し、最終的には投資回収率に影響します。しかし、これらの財務的検討事項を超えて考えても、会社の名前や評判には、レンタルで提供する機器の品質や信頼性のイメージが反映されてしまいます。レンタルを利用するお客様に素晴らしいサービスを提供するための最善の方法は、素晴らしいサービスを提供するコンプレッササプライヤを選ぶことなのです。