アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

未来を実現するロードマップ

多くの製造企業は第4の産業革命テクノロジーの大規模な展開を積極的に進めています。しかし、試験段階になると共通の障壁に行き当たり、その段階を超えることができずに、スケールアップと相互運用性のメリットが得られなくなります。そこでとりわけ重要なのが、1つの「ユースケース」と手法だけでなく、いくつかの異なる「ユースケース」とテクノロジーを拡張して相乗効果を生み出すことです。

インダストリー4.0の導入にあたり考慮すべき視点として、ビジネスの課題とデジタルの課題の2つがあります。例えば、ビジネスの課題はビジネスモデルの競争力を知ること、さらには高度なテクノロジー、迅速な意思決定のプロセス、データセキュリティと機密性を活かしてそれをいかに高めるかを理解することが含まれます。一方のデジタルの課題は、データとネットワーク機能の信頼性、データ所有権の問題、実践的な情報を得るためのデータ分析などに関連してきます。

現在どこに位置し、どの程度の適応レベルにあるのかを知るために、次の6つの領域を考慮することができます。

図1:インダストリー4.0への適応状況を知るための6つの領域

インダストリー4.0に向けたロードマップは各社で異なりますが、それぞれのスタート地点から望ましい目標へと進められるものである必要があります。以下に示すテクノロジーロードマップは、現在の能力を評価する基準として、目標とするレベルと将来実現したい能力についての議論を進めるのに役立ちます。

図2:インダストリー4.0の成熟度モデル

ロードマップを設計する
ロードマップの設計は、発展と変化のニーズを特定するための初期評価から始まります。まず、次の初期分析を行います。 - 現在の成熟度レベルの評価 - 1つの製品グループのパイロットを開始し、インダストリー4.0のコンセプトをベースとする2つ以上の「ユースケース」によって生産プロセスの各ステップが改善されることを確認 - エンドツーエンドのハイレベルソリューションを設計し、異なる新しい機能をどこでどのように実現するかを定義 - 6つのすべての領域でギャップを評価し、それぞれに同様の成熟度レベルに沿って(すべての領域で成熟度レベル2.5を達成)、発展のニーズを定義 - 現状と将来の状況のギャップを埋めるためのアクティビティを含むロードマップの作成 ロードマップは個々のパイロットを一貫したソリューションに統合し、生産プロセスのあらゆる部分を改善するためのアプローチです。さらに、試験段階のソリューションを望ましいテクノロジーと連携させて産業化し、グローバルに拡張可能な安定したセキュアなソリューションを実現します。

アトラスコプコにはインダストリー4.0の設計と開発をサポートする幅広い経験とノウハウがあります。インダストリー4.0戦略を体系的なアプローチで策定、導入することで、着実にビジネスメリットと連携を実現します。このノウハウが示されたロードマップとして、「新参企業のためのインダストリー4.0」と「コンセプトパイロットから産業化ソリューションへの拡張」の2つがあります。

御社のロードマップをご確認ください