アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ベーンエアモータの設計と動作原理

ベーンエアモータの最大定格出力は約5 kWです。製品のデザインはシンプルで、数少ない部品で構成されています。


設計

– スロット付きのロータが、シリンダおよびエンドプレートによって作られた空間の中で回転します。
– ロータは径がシリンダの径より小さく、偏心した位置に配置されているため、三日月型の空間が形成されます。
– ロータのスロットにはベーン(羽根)が差し込まれており、ベーンが自由に動くことで空間内に異なる大きさの部屋を生成します。
– 圧縮空気によって強められた遠心力によって、ベーンはシリンダ壁に押し付けられ、それぞれの部屋を密閉します。
– これらの密閉の効率は「内部漏れ」とも呼ばれます。

ベーンエアモータの部品

1. フロントエンドプレート
2. ロータ
3. ベーン
4. シリンダ
5. リアエンドプレート




動作原理

エアモータの動作原理

エアモータの動作原理

A. エアが吸気室「a」に入ります。ベーン2が、ベーン2自体とベーン3間の部屋「3」を密閉します。部屋「b」の圧力はまだ吸気圧と同等です。この圧力がベーン3に作用し、ベーン3を時計回りに動かします。
B. ベーンがさらに回転し、部屋「b」の拡大が開始します。このため、部屋「b」内の圧力は減少しますが、ベーン3のエリアはベーンのエリアよりも大きくなるため、ロータを前方に動かす合力は依然として存在します。
2 部屋「b」内。吸気圧力がさらに吸気室「a」のベーン2に作用します。
C. ベーンがさらに移動します。排気により部屋「b」が空になり、この部屋は動作に関与しなくなります。ロータを前方に動かす力は、ベーン1およびベーン2から生じるようになります。




このシンプルな原理により、圧縮エアのエネルギーが部屋から部屋への回転運動に変わり、モータが回転します。