アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

シャフト負荷とギアユニットの機能


シャフト負荷

エアモータのシャフト負荷

エアモータのシャフト負荷は、ベアリングの寿命に影響します。

アトラスコプコのエアモータカタログに記載されている最大シャフト負荷の曲線が示すように、シャフトの耐用寿命は1,000万回転です。
カタログに記載された曲線は、軸方向と径方向の最大許容負荷の組み合わせを示しています。


ギアユニットの使用

シャフト負荷

ギアを使用することで速度とトルクを変更することができます

エアモータは幅広い速度域で運転可能ですが、出力特性がご使用用途に対して適正かどうかを見極めることが重要です。必要な出力を得るために、適切なギアユニットを選択する必要があります。
アトラスコプコで使用しているプラネタリギアおよびヘリカルギアユニットは、100%に近い高効率を誇ります。
トルク/回転速度の関係性が大きく変化しても、出力は事実上変化しません。これは、ギア比に比例して、トルクが増加し、回転速度が低下するためです。