アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
ソリューション
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
軽量建設および解体用機器
取扱製品一覧
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
軽量建設および解体用機器
産業用ツールとソリューション
ソリューション
産業区分
産業用ツールとソリューション
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション
産業用ツールとソリューション

How to select submersible pumps

Here are the four key considerations you should focus on when choosing to buy or rent an electric submersible pump. We help you decide what is right for you!

How to select submersible pumps

1. What fluid needs pumping?

Not all fluids are the same. The first consideration is the nature of the fluid being pumped as this has a major impact on the type of pump. Some important factors to consider are:

  • General composition
  • Concentration and size of suspended particles
  • Fluid’s pH level
  • Temperature
  • Chemical content

2. What are the capacity requirements?

WEDA D50 and WEDA D80 submersible drainage pump

WEDA D50 and WEDA D80 submersible pumps

One of the most important performance considerations is the flow requirement, i.e. how much liquid needs to be moved and how quickly?

For example, a pump with a maximum flow rate of 138m3/h (such as Atlas Copco’s WEDA D50) will remove water from a pool that is 36m3 in 15 minutes. However, a pump with a flow rate of 350m3/h (such as the WEDA D80) would empty the pool in just 6 minutes.

3. What is the distance and the elevation that the fluid needs to be pumped?

Over what height does the fluid need to be pumped and how far does it need to travel? This will have an impact on the pressure that the pump needs to deliver to ensure it can pump efficiently and reliably. The greater the distance the water needs to be pumped, the more friction is created, which results in pressure loss from the pump. Pumps need to overcome gravity resistance as well as friction losses.

When specifying, check the manufacturer’s published pump curve, which shows head height against flow rate, to ensure it covers the required duty point.

4. What is your energy source?

If mains electricity is available, an electric pump will be the best and most efficient choice in most cases. Electric submersible pumps – such as Atlas Copco’s WEDA pumps – are the simplest, most energy-efficient and most economical approach, providing high power in light and compact packages.

If the site is remote and prone to a fluctuating mains supply, consider a pump  that has the motor and starter equipped with inbuilt electrical protection against varying voltage, phase failure and human error.

Conclusion

Apart from the type of fluid to be pumped, energy source, and flow and volume needs, other factors need to be considered when choosing a submersible pump such as energy economy, durability and servicing expense for each pump offered. Making the right choice is not a simple decision, but with expert guidance it can be achieved satisfactorily.