Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

アトラスコプコのSQSソフトウェアの3つの新機能

アトラスコプコのSingle Quality Solution(SQS)ソフトウェアは成長と進化を続け、新機能が継続的に追加されています。

SQSソフトウェアは、使用環境でさまざまなデバイスに接続し、操作シーケンスが正しい方法で完了していることを確認することで、トルク操作だけでなく組立プロセス全体をエラープルーフする機能を備えています。

将来のエラープルーフ

プロセスを完全にエラープルーフするためにSQSソフトウェアに最近追加された機能の1つは、PLCとの通信によって、ステーションにサインインしてそこから製品をリリースする機能です。

多くの組立作業では、PLCが信号を読み取って、部品がステーションに到着したタイミングと、部品の種類を判定します。現在SQSソフトウェアは、これらの信号をPLCから直接受信できるようになっており、識別された製品の種類に基づいてさまざまな作業を開始できます。

メーカーの中には、組み立てられる製品だけでなく、ステーションで使用されるサブコンポーネントや、組立を行う作業者さえも特定したいと考えているメーカーもあります。

現在アトラスコプコのSQSソフトウェアは、複数のデータ入力または識別子を受信し、それらを組立ツールに中継できるようになっています。組立が完了すると、それらの識別子は組立プロセスからのトルクデータにリンクされるので、組み立てられたもの、組み立てた人、組立方法の記録がすべて1つの場所に保存されます。

最後に、アトラスコプコの他のツールと併用して使用するための機能が追加されました。SQSソフトウェアをMicroTorque Focus 6000ツールコントローラと併用して、作業者に対するガイダンスと、低トルク仕様に対するステーションレベルでのエラープルーフを提供できるようになりました。SQSは、あらゆるツールコントローラと連携して、コントローラからトルクトレースを直接ダウンロードできるので、これまで以上に多くのデータ分析とプロセス改善を行うことが可能です。

詳細について、またはSQSのデモに興味をお持ちの場合、今すぐアトラスコプコにお問い合わせください

Error Proofing Articles