アトラスコプコのソリューション
Industrial Tools & Solutions
Solutions
産業区分
Industrial Tools & Solutions
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
鋳造および金属加工
産業区分
産業区分
Industrial Tools & Solutions
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化

ハンドツールによるせん孔作業において知っておくべき3つの重要事項

ハンドドリルツールを使ってより良い成果を達成するためには、決定的となる重要な要因を考慮する必要があります。

2019/09/10


決定的要因:フィード力、切断速度、スピード

航空宇宙業界のせん孔技術

例えば、カラムドリルツールでは、小型のビットサイズを採用しないかぎり、求められるフィード力を達成できません。そのためハンドドリルには、適切なビットを選択し、掘削技術を適用して、所要のフィード力を低減する必要があります。
切削速度とは、刃先が材料を貫通する速度のことです。切削速度は穴中心ではゼロで、周辺部で最速というように、測定位置により異なります。切削速度は毎分のメートル(m/分)で表します。材料により、異なる切削速度が求められます。
ドリルツールの無負荷回転速度は毎分の回転数(rpm)で表しますが、これはツールの銘板に表記されています。

ドリルビット

航空宇宙業界のせん孔技術

ドリルビットについては、ドリルビットの材質、表面処理、ビットタイプの3点を考慮する必要があります。
ビット製造には、高速度鋼が最も広く使われています。ファイバグラス、カーボンファイバ、ケブラーファイバで補強された複合材などの研磨性の高い材料では、次のビット砥ぎまでしかるべき期間、確実に利用できるよう、超硬合金ビットが不可欠です。
その一方、水蒸気処理ビットは、滑らかな面仕上げで摩擦が抑えられるため、切り屑が固着せず、腐食も防止します。
ドリルにはレギュラードリル、クイックスパイラルドリル、スロースパイラルドリルの3種類があり、それぞれ切削方式が異なります。ドリルには、それぞれ推奨の角度と材質があります。

ドリルツール

航空宇宙業界のせん孔技術

ハンドドリルの操作では、スピードと精度が求められます。さらに、作業者の疲労を軽減できるよう、軽量で、高い強度を備えていることが必須条件です。エアドリルはコンパクトで軽量なので、持ちやすく、手腕構造に順応します。

ドリルには基本的にピストルグリップドリルストレートドリルアングルドリルスクリュフィードドリルの4種類があります。
ドリルにはそれぞれ適した作業環境があり、オペレータの人間工学に直接影響します。手持ち式ドリルを操作する際は、無理な作業姿勢になることが多いものですが、この問題は、多くの場合、適切な種類のツールを使うことで防ぐことができます。

以下にいくつか例を挙げます。

Ergonomics Drilling technique

高所のドリル作業には、ストレートドリルツールを使用

Ergonomics Drilling technique

低所のドリル作業には、ピストルグリップドリルツールを使用

関連情報