Our solutions
産業用ツールとソリューション
Solutions
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
Solutions
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
Solutions
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
Solutions
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

ツールテスト:生産ライン、それとも工具庫?

新しいツールを購入した際は、生産ラインの各箇所へ割り当てる前に、ツール検査することを推奨します。輸送時に問題が発生していないかを確認するだけでなく、工具の性能評価のためにも検査が必要です。

この種の検査において理想的な環境は、工具庫です。生産用工具をここに保管でき、さまざまなトルク範囲に使用されるすべての機器がすぐに利用できます。

一旦ツールをアプリケーションに投入してしまうと、どこでツール検査するのかという問題が発生します。生産ラインから工具を取り外して検査するのと、ライン上の検査ではどちらがより便利でしょうか。

生産ラインか、それとも工具室か

ツールの取り外しには、ツールの交替が伴います。ツールが検査されている間は、別のツールへ差し替えし、生産や稼働を維持する必要があります。これにはもちろん、リソース費(使用するすべての予備ツール)と物流費の両方のコストがかかります。

一方、工具庫の場合、全てのツール検査は工具庫内で行われる為、それ用に機器を追加する必要はありません。取り付け場所からの取り外しが困難な場合や、管理するツールが多すぎる場合、ツールの切替が問題になる可能性があります。

ライン上でのツール検査の場合、移動の手間は不要ですが、コストは別の要因で発生します。ライン上での検査方式の1つが、回転トランスデューサの使用です。これは、機器の購入という面でコストが高額になることはありませんが、生産を妨げます。回転トランスデューサをジョイント部とツールの間に配置する必要がある為、作業者は、検査をするのにジョイント部が利用可能になるのを待つ必要があります。

この方式は時間がかかりすぎるため、頻繁に行う検査にとっては現実的ではありません。

ジョイントシミュレーションベンチ: STbenchの紹介

生産ラインでの検査に最適な方法は、アトラスコプコのSTbenchのような、ジョイントシミュレーションベンチの導入です。導入コストは決して安価ではありませんが、テストのスピードや正確さを考えれば、費用対効果に大変優れています。

ジョイントシミュレーションベンチは、ラインで使用されているすべてのツールを交替中にテストできるので、生産を妨げません。これは明らかな利点であり、工具の性能という点においても疑う余地がありません。

製品の詳細やデモの予約については、今すぐアトラスコプコにお問い合わせください。 

Quality Assurance Articles Quality