アトラスコプコのソリューション
Vacuum solutions
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
コンプレッサ
パワーテクニーク
産業用ツールとソリューション
Solutions
産業区分
産業用ツールとソリューション
相手先ブランド製品製造会社
産業区分
相手先ブランド製品製造会社
相手先ブランド製品製造会社
相手先ブランド製品製造会社
航空宇宙産業
産業区分
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
航空宇宙産業
産業区分
サービス
産業用ツールとソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
サービス
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
アトラスコプコのサービスソリューション
産業用ツールとソリューション

組立ラインで人と新技術を調和させるには

デジタル化が進んでも、生産における人的要因を過小評価することはできません。テクノロジーと人が対話して協力する機会はこれまでになく重要性を増しています。

Cobot, AR, human
コボット
コボット(協働ロボット)は人間と一緒に近接した場所で動作し、仕事をするように作られたロボットです。一方、多くの産業ロボットはこれと大きく異なり、事故を避けるために人との物理的な接触のないように分離されています。 インテリジェントマニュファクチャリングにおいて、認識型のロボットは情報の不確実性を認識し、スケジュール管理を変更して動作を調整することにより、複雑な製造の問題に独立して対処します。分散アルゴリズムをもとに自動で再設定ができるロボットは、複雑なロボットの設定を飛躍的に簡素化します。コボットは独立して機能し、接続された組立ラインとともにスマートファクトリーのスケジュール変更に対処します。 人と機械の協働をサポートするためにマシンインテリジェンスが重要な役割をはたします。高度な組立ラインなど、ダイナミックな状況が存在する製造現場において、すべての作業、すべての役割、あらゆることを機械が支援します。このため、複雑な製造環境に人と機械のインテリジェントな対話を導入することで、柔軟な生産の効率性を高めることができます。 消費者の要求に応じて個別化の度合いを増す今日の製造業においては、柔軟な組立ラインがますます重要になります。組立ラインを再調整するときも、新しい状況に適応ができるコボットが力を発揮します。
拡張現実
タブレット、ヘルメット、メガネなど、従業員が使用する拡張現実デバイスは、コミュニケーションとともにコンテキストデータの視覚化に役立ちます。 デジタルオーバーレイを利用して修理担当者が機械の内部を見ることや、穴あけ/切断をする壁の内側のケーブルやパイプの様子を知ることが可能になります。 多くの場合、機械学習アルゴリズムによってIoTデータを分析し、異常があればフラグ付けや提案をして判断に役立てます。工場内を監視するスタッフは、機械に関連したメタセットにアクセスして、不明な点や意見を求めたい場合に専門家に相談することができます。

IoTの利用により2025年には工場の作業員の負傷を10~25パーセント減らせることが予想されています。これは年間2,250億ドルに相当する費用の節約です。

インダストリー4.0への入口となるスマートファクトリーの概念を詳しく紹介したホワイトペーパーをご覧ください