アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

組立ラインの柔軟性を高めるには

インダストリー4.0の一部として私たちが体験するデジタル化は、マシン、エレクトロニクスとソフトウェアのインテリジェントな融合によって生産の現場を根本から変革します。

Flexible production

デバイスが相互に対話をするサイバーフィジカルシステムは、さらに高度な適応性と柔軟性が得られます。システムのセンサーがプロセスに透明性を与え、外部要因に適応して自動で最適化をします。例えば、クラウドサービスから購入注文や指示を受けた製造企業がただちに生産ラインを変更するなど、さまざまな顧客のニーズと品質要件により柔軟に対応することが可能になります。

柔軟な生産システムはますます一般的になりつつありますが、これは機械の柔軟性と経路の柔軟性の2種類の範囲に分けられます。機械の柔軟性とは、同じ操作に対して複数の機械を使用できる能力であり、数量や機能などの変更をカスタマイズできるシステムの能力のことです。経路の柔軟性は、システムが新しい製品や製品の組立順序に適応する能力を表します。

最も進化した導入では、スマートフォン用に最適化されたダッシュボードを使用し、複雑なリアルタイムの最適化を実行する高度なアルゴリズムによる出力を確認できます。カナダの基準による高度分析のケーススタディでは、マネジャーは予測分析をもとにスタッフや機器を効果的に計画して配置することができ、1日の生産高が5~8パーセント拡大しています。

柔軟な組立ラインにより、計画された変更と計画外の変更の両方に対応できることは、高度な組立とスマートマニュファクチャリングの重要な要素です。これは、機械の効率性、労働生産性、生産率などを高めることによって実現されます。

IoTの利用により2025年には工場の作業員の負傷を10~25パーセント減らせることが予想されています。これは年間2,250億ドルに相当する費用の節約です。

インダストリー4.0への入口となるスマートファクトリーの概念を詳しく紹介したホワイトペーパーをご覧ください