アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
Energy Storage Systems
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション

データを活用して最終製品の質を高める方法

現在、多くの市場で厳しい競争の中にある製造業は、競争力を保つために最高品質の製品とサービスを提供することが求められています。そこにはサイバーフィジカルシステムをはじめ、IoTやIoSといった概念とともに、競争力を維持するための多くのチャンスが存在します。インダストリー4.0はカスタマイズ性を高め、顧客対話の向上、データに基づく高付加価値設計、製品からサービス提供への転換など、多くの分野で製品品質の向上をサポートします。

improve quality of end-product

製品だけにとどまらないサービスの提供は、顧客との対話の機会を増やし、パートナーシップが生まれる可能性も高まります。競争の激しい環境で製品をカスタマイズすることは、企業独自のセールスポイントをもたらします。大量生産から大量カスタマイズへと移行するインダストリー4.0においては、製品の性質がエンドカスタマーによって決まる割合が増加します。

物理的なフローは今後も引き続きデジタルプラットフォーム対応を進めていきます。サイバーフィジカルシステムから収集されたすべてのデータをもとに製品向上の方法を分析して詳細化し、最終製品やサービスの質を高めるための提案がなされます。

収集されたデータ、接続機能とモバイル機器を連携させることで、直感的に使えるモバイルアプリケーションを開発する可能性が生まれます。特定の機器を使用するために作られたアプリをダウンロードして使用する環境が現実となるでしょう。

同様にモバイル機器と信頼性を高めた安価な測位システムの組み合わせは、3Dマップのリアルタイムの位置測定を可能にします。このように拡張現実や複合現実への扉が開くことで、資材の判別や位置測定などの分野やメンテナンス関連の業務に確実なメリットが得られるものと期待されています。

IoTの利用により2025年には工場の作業員の負傷を10~25パーセント減らせることが予想されています。これは年間2,250億ドルに相当する費用の節約です。

インダストリー4.0への入口となるスマートファクトリーの概念を詳しく紹介したホワイトペーパーをご覧ください