アトラスコプコのソリューション
アトラスコプコレンタル
Solutions
レンタル製品ラインアップ
アトラスコプコレンタル
アクセサリ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイルフリーエアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
オイル潤滑式エアコンプレッサ
レンタル製品ラインアップ
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
窒素発生装置
レンタル製品ラインアップ
産業区分
アトラスコプコレンタル
産業区分
産業区分
産業区分
レンタルを選ぶ理由
アトラスコプコレンタル
アトラスコプコについて
コンプレッサ
Solutions
取扱製品一覧
コンプレッサ
プロセスガスおよびプロセスエア設備
取扱製品一覧
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
プロセスガスおよびプロセスエア設備
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
取扱製品一覧
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
船舶用コンプレッサ
サービスおよびパーツ
コンプレッサ
エアコンプレッサ部品
サービスおよびパーツ
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
エアコンプレッサ部品
サービスプラン
サービスおよびパーツ
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
サービスプラン
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
サービスおよびパーツ
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
ターボ機器のグローバルアフターマーケットサービス
効率を最大化
サービスおよびパーツ
効率を最大化
効率を最大化
真空ソリューション

データ量と生産量の増加 – 航空宇宙産業のデジタルへの変化

巨大都市、持続可能性への取り組み、世界規模での移動増加の未来では、航空宇宙業界が生産量を倍増しながら最高レベルの品質管理を維持することが求められます。デジタル化とスマートコネクテッドツールを活用すれば、インダストリー4.0の製造方法を完全に活用して、実行することが可能になります。

現在、空の旅はピークに達しているように思われますが、実はまだ始まったばかりです。1970年代以降、航空機生産は10年ごとに2倍以上の成長を記録してきましたが、今後、さらに速いペースで生産量が増加すると予想されます。

そのため、業界には生産性を向上するよう多大な圧力がかかっています。さらに、新たな航空機はより軽量で持続可能な材料を使って設計されるため、全く新しい組立手法が必要となります。

航空宇宙産業にとっての難しい事実と大きな課題

93 2035年までの巨大都市

世界的に中間層が増え、都市部が急速に拡大しています。2035年までに、巨大都市(人口1,000万人超)の数は55から93までに増えると予想されています。 都市部の住民は流動性が高く、今後世界人口の過半数が空路の旅を求め、これに必要な経済力を持つようになります。

35,000 2035年までの航空機

今後15~20年に、航行する航空機の数は倍増する見込みです。総数は約40,000機にのぼり、既存の航空機の75%は入れ替えが必要となります。そのため、35,000機の航空機を生産する必要があります。

50CO2排出削減率

航空宇宙業界は今後30年間に、航空機のCO2排出量を50%削減する必要に迫られています。これを達成するには、さらに効率の高い航空機の生産が求められるとともに、メーカーでは生産方法を改善して、より高性能なツールを利用する必要があります。

✔ 生産量が大幅に増加。


最大の問題は、品質を損なうことなく、生産時間を短縮することです。新たな材料が採用されるため、組立工程を変更する必要があるとともに、これまでにない能力が求められます。

✔ 高い品質基準の維持と改善を重視


これは、組立工程で作業者に指示を提示することで達成できます。ハードウェア数を減らし、視覚補助を改善することにより、有益で直感的な方法でデータを活用することができます。

航空宇宙業界の課題には、生産ラインでツールと組立手法を活用することで対処できます。バッテリドリル、スクリュドライバ、コントローラ、アクセサリなどのコードレススマートツールを使って、生産量と品質を大きく高めることができます。


航空機製造業のインダストリー4.0による多大なメリット

進行中のデジタル変革

現在までにこの業界ではオートメーション化が広く導入されており、2000年に70機/月だった世界の航空機生産量は、現在最大150機までに増加しています。一方、航空機需要は4倍にまで増加しています。そのため、将来主導的立場を獲得するには、スマートなデジタルツールと接続性の活用が必要となります。

スマートコネクテッドアセンブリソリューションを利用すると、生産工程全体をより良く管理できます。スマートツールにより、稼働時にリアルタイムでフィードバックが得られます。データを収集して、工程全体の品質を確認できるとともに、作業者のミスを防ぐこともできます。

豊富なデータによるコスト削減

インダストリー4.0アプローチのメリットの1つは、ミスを減らして生産量が増えることです。工場経営者やアセンブリエキスパートは誰もが単純な人的ミスにより発生するコストを意識しています。透明性とリアルタイムのデータ分析により、こうしたコストを大幅に削減することができます。

最大のコスト源は事務処理です。部品1個が高額なこともあり、修理1回ごとに航空機の市場価格は大幅に低下します。さらに、生産ラインに遅れがあればコストが発生し、顧客への納入期日に間に合わなければ違約金が生じます。

未来はまだ決まっていません

今後増大する可能性があるのは、従来型の航空機生産だけではありません。前述のように巨大都市が増加すると、より小型で都市型の「空飛ぶ乗り物」の需要が高まると思われます。

また、衛星の需要増も航空宇宙産業にとって圧力となっています。これもスマートコネクテッドツールの導入により、大きな違いを生むことができます。