リモートモニタリング

遠隔モニタリングでコンプレッサ情報をいつでもどこでも

工場の近くにいないときにマシンをチェックしたかったことはありますか?おそらく、機械の積載時間、現在のエネルギー消費量、または保守スケジュールに関する情報を知りたかったのではありませんか?リモートモニタリングは、テクノロジーの自動データ収集を使用している場所のどこからでもマシンを監視できるため、どこからでもいつでも情報にアクセスできます。メンテナンスの必要性やシステム障害を抑えながら、貴重なデータをユーザに提供します。

リモートモニタリングはどのように機能しますか?

リモートモニタリング・センサは、各コンプレッサーに設置され、温度、圧力、容積、エネルギー消費量、積載時間、無負荷時およびその他のデータポイントを監視します。システムのソフトウェアはこのデータをグラフにプロットすることができるため、特定の期間に情報を比較するのは簡単です。ユーザーはトレンドとメンテナンスパターンを特定して、効率を向上させることができます。

遠隔モニタリングで何がわかるでしょう?

操作ミスのような重大な状況が発生すると、ユーザーは接続されたモバイルデバイス上で電子メールまたはSMSメッセージングを介して即座に通知されます。完全なシステムシャットダウンが発生する前に、警告とアラートが送信されるため、従業員は直ちに問題に対処できます。

遠隔モニタリングは、予定された保守があるときに通知することもできます。これらのサービスチェックは、営業時間内に機械を修理するための不要なダウンタイムを最小限に抑えます。

マシン情報をどのように受け取るのですか?

工場管理者と従業員は、オンラインダッシュボードにログオンしたとき、またはアラートや警告のためにモバイルデバイスを接続したときに、マシンデータを受信できます。

コンプレッサーシステムにリモートモニタリングを追加すると、時間とコストを節約できます。何か故障やメンテナンスが必要な場合は、1日を通して自動化されたデータと通知を受け取ります。マシンを物理的にチェックしたり、データポイントを絶えず記録することなく、機器が正常に動作していることを知って安心してお使いいただけます。リモートモニタリングを追加する際に、時間とコストを節約しながらマシンに接続したままにしておきます。

コンプレッサーシステムでのリモートモニタリングの利点を体験されませんか?

4月11日~4月13日 名古屋ものづくりワールドに、Iotソリューション、SMARTLINK を展示します。
ブース: 第2展示館 26-46  是非お立ち寄りください。

Compressor Technique Service

SMARTLINKで遠隔モニタリング