アトラスコプコのソリューション
産業用ツールとソリューション
ソリューション
取扱製品一覧
産業用ツールとソリューション
パワーテクニーク
ソリューション
取扱製品一覧
パワーテクニーク
エネルギー貯蔵システム
アトラスコプコ レンタル
ソリューション
コンプレッサ
ソリューション
取扱製品一覧
コンプレッサ
産業用凝縮水処理ソリューションのラインナップ
製品とソリューション
ソリューション
Marine compressors
ドリル
エネルギー貯蔵システム
製品とソリューション
Atlas Copco Compressor Technique’s automan application in action at the bike shop.

ピストンコンプレッサ

あらゆる用途に対応するアトラスコプコのピストンエアコンプレッサ全製品をご覧ください。コンプレッサの設置については、当社チームの専門知識をご活用ください。

詳細については、当社の専門スタッフにお問い合わせください。

当社はあらゆる用途に対応するピストンコンプレッサを取り揃えています

当社のピストンエアコンプレッサシリーズは、すべてのお客様に圧縮空気を確実に供給できるよう設計されています。レシプロピストンエアコンプレッサシリーズには、1.5 kWのベルト駆動汎用コンプレッサから鋳鉄製で大型の産業用直接駆動ピストンエアコンプレッサまで、幅広い製品をご用意しています。また、口腔外科、研究所、ペットボトル成形圧縮天然ガスなどの特殊な要件に対応するオイルフリーピストンエアコンプレッサも幅広く取り揃えています。

エアコンプレッサ
プロ仕様のピストンコンプレッサ

 

ピストンコンプレッサを購入する理由

吐出する圧縮空気にオイルが全く残留しないクラス0認証適合で、一体型冷凍式ドライヤを装備する、LZオイルフリーピストンコンプレッサの画像
最も普及しているエアコンプレッサ技術のうち、最も経済的で比較的安価なエアコンプレッサタイプは、ピストンまたはレシプロ機です。自動車修理工場のタイヤ置き場にある、騒々しい旧式の小型ピストンコンプレッサを想像するのは間違いです。最新のレシプロコンプレッサ技術は想像をはるかに超えて、産業の生産性に大きく貢献しています。

小型から中型のピストンコンプレッサの大部分は、通常0.55~15 kWの範囲で、オイル潤滑式またはオイルフリーのいずれかです。幅広いエンドユーザーのニーズに応えられるよう、多数の製品タイプをご用意しています。これらの製品は、トロリー/レシーバ装備の標準ベースユニットとして、または冷凍式エアドライヤと配線済みの始動および調整装置を備えた完全な圧縮空気ステーションとしてご用意できます。

大型ピストンコンプレッサシリーズは通常、圧縮天然ガス使用などの特殊用途専用で、最大560 kWに対応します。

ピストンコンプレッサを購入するメリット

レシプロコンプレッサ技術は比較的安価

アトラスコプコのペットボトル成形用コンプレッサ

アトラスコプコのペットボトル成形用高圧コンプレッサ

ピストン技術コンプレッサは、最も古いタイプのコンプレッサです。また、ごく基本的な物理的原理で機能する、最もシンプルなコンプレッサです。そのため、この分野では画期的な変更や改善はほとんどありません。しかしそれは同時に、すべてのメーカーが少なくとも最も一般的な産業用途において、この技術を十分に理解していることを意味します。


研究開発コストがほとんど、または全くかからない、シンプルでわかりやすい技術のため、生産コストが低く抑えられます。そのため、多くのメーカーが積極的に自社ブランドで製品の生産を引き受けたり、ライセンスを供与したりしています。その結果、購買者側は競争市場原理のメリットにより、低価格で購入することができます。

メンテナンス技術者が容易に(低コストで)見つかる

サービス技術者がエアコンプレッサのメンテナンスを実施できる

サービス技術者がエアコンプレッサのメンテナンスを実施できる

技術がシンプルで、旧式化しており、研究がほとんど進まない状況なので、生産と同様にメンテナンスにも影響が出ています。一般的な産業用途では、ピストンコンプレッサの変化をしっかりと把握できる継続的学習プロセスはありません。ただし、技術者が基本原理を理解すれば、そのスキルは必ず向上します。つまり、ピストンコンプレッサ技術はどの技術者にも分かりやすく、メンテナンスの習得は簡単です。


では、購買者側のお客様にはどのような意味があるでしょうか。まず、この技術で経験を積んだ多くの技術者を利用できます。ほとんどの場合、この技術者層は競争が激しいため、メンテナンスコストの削減につながります。


ただし上記は、天然ガス、窒素、酸素圧縮などの特殊用途にはあてはまりません。技術そのものではなく、産業用途の需要によってコストは変わります。

容易に入手できるピストンコンプレッサのスペアパーツ

コンプレッサのスペアパーツを持つ技術者

スペアパーツは、お使いのピストンコンプレッサのメンテナンスに合わせて納品できます。シンプルな技術のため、スペアパーツやメンテナンスキットは豊富に在庫が揃っています。これは特に、自社ブランドとして販売されている多数のコンプレッサが、同一メーカーで製造されていることに起因しています。


日常的に利用する愛好家向けのコンプレッサスペアパーツは、購入の選択肢がコンプレッサ本体同様に多様です。正規ディーラーに注文、最寄りのDIYショップで購入、またはeコマースサイトを利用することもできます。いずれを選択しても、高い確率でコンプレッサに必要なスペアパーツをすべて見つけることができます。あるいは、オンラインコミュニティを利用して、適切な代わりの方法を見つけることもできます。


ただし、特定の業界用途ではこれらの方法が通用しないことがあります。自動車整備工場ではタイヤの空気充填や空圧ツールに対応するコンプレッサが必要ですが、爆発性雰囲気で稼働するコンプレッサのニーズは、全くの別問題です。後者の場合、スペアパーツやメンテナンスキットには、緩和する必要のあるリスク要因があるため、パーツやサービスの可用性に影響を及ぼします。

ピストンコンプレッサ購入によるデメリット

ピストンコンプレッサの騒音

騒音が大きい作業環境での聴覚障害を防ぐため、聴覚保護具が必要

騒音が大きな環境での聴覚障害を防ぐため、聴覚保護具を着用する作業者

ピストンコンプレッサが最適な企業の多くでは、狭いスペースと騒音が主な懸念事項となっています。レシプロコンプレッサの騒音レベルは、最新のハイエンド機では65 dBに抑えられています。しかし、最も一般的なピストンコンプレッサ、特に旧式のものでは、騒音が80 dB以上になります。


レシプロ技術は主に、低い投資コストを重視していることを念頭に置いてください。騒音や熱などの副次的影響への対処は、優先順位としてあまり高くありません。これとは対照的にロータリスクリュコンプレッサは、これらの副次的影響を防止、または大幅に低減しています。


そのため、ピストンコンプレッサを考慮する場合は、騒音問題の軽減対策も必要です。最も一般的な解決策は、機器を作業現場の外に設置し、良好な防音エンクロージャを装備することです。初期投資をもう少し追加すると、ハイエンドのコンプレッサを購入できます。ハイエンド製品は最新の規格に準じて設計されているため、騒音レベルが抑えられ、使用場所の近くに設置できます。

ピストンコンプレッサの種類

オイル潤滑式ピストンコンプレッサ

圧縮空気タンクを装備したアトラスコプコのピストンコンプレッサ
10 bar、1.5~15 kWのコンパクトな1段圧縮オイル潤滑式V型構成レシプロコンプレッサは、スペースに制限がある用途に最適です。設計において、モータに直接軽量のコンプレッサブロックが連結されているため、優れた冷却性能を発揮し、狭いスペースでもスムーズな統合が可能です。

オイルフリーピストンコンプレッサ

給油式圧縮ではフィルタを使用しても、圧縮空気からオイル蒸気とエアロゾルをすべて除去できるとは限りません。そのため、大手コンプレッサメーカーの多くは、オイルフリーエア技術を採用しています。製品寿命において、ベアリングとPTFE/カーボン製ピストンリングを密封して、汚染リスクを防ぎます。この技術は、空気品質基準を規定するISO 8573-1クラス0規格に適合するよう、最適に設計する必要があります。

各用途に最適なコンプレッサタイプ

ベルト駆動エアコンプレッサ

アトラスコプコのピストンエアコンプレッサ

アトラスコプコのピストンエアコンプレッサ

アトラスコプコのAutomanシリーズは、各種の修理、本格的なDIYに最適なピストンエアコンプレッサです。大容量のため、産業環境にも適しています。Automan ABアルミニウム製品シリーズは、1台で確実な圧縮空気供給源と移動性が求められる用途に最適です。Automan ATシリーズは鋳鉄製ピストンコンプレッサで、必要に応じて大容量の圧縮空気を確実に供給します。


産業用の直接駆動ピストンエアコンプレッサ

アトラスコプコのピストンエアコンプレッサ

産業用の直接駆動ピストンエアコンプレッサ

アトラスコプコは、1904年に最初のピストンエアコンプレッサを発売し、それ以来、継続的に技術革新を進めてきました。現在、LEおよびLTシリーズのレシプロエアコンプレッサ製品は、業界随一の直接駆動コンプレッサです。これらの機器は、スクリュコンプレッサよりもピストン技術が適している過酷な産業用途向けに設計されています。LEおよびLTシリーズは、長期にわたってお使いいただける信頼性に優れた直接駆動ピストンコンプレッサです。

歯科用エアコンプレッサ製品

アトラスコプコの歯科用エアコンプレッサ

アトラスコプコの歯科用エアコンプレッサ

アトラスコプコでは、口腔外科に最適な歯科用エアコンプレッサをご用意しています。この歯科用コンプレッサは、クラス0認証の100%オイルフリーエアを供給します。アトラスコプコは、歯科用エアコンプレッサ製品でクラス0認証を取得している唯一のエアコンプレッサメーカーです。当社の100%オイルフリー歯科用エアコンプレッサは、歯科用エアソリューションが求められる歯科医療に理想的な選択肢です。オイルフリー歯科用エアコンプレッサシリーズの詳細を今すぐご覧になり、信頼性の高いコンプレッサがもたらす安心感をご確認ください。

ペットボトル成形用コンプレッサ設備

アトラスコプコのペットボトル成形用高圧コンプレッサ

アトラスコプコのペットボトル成形用高圧エアコンプレッサ

当社のペットボトル成形用高圧コンプレッサシリーズは、クラス0認証取得済みで、最も厳しいTÜV規格に準拠しており、100%オイルフリーのエアを供給します。このコンプレッサは吐出圧力20~45 barの供給を実現し、世界規模の広範なサービスネットワークによって、最高の状態を維持できます。

当社のオイルフリーペットボトル成形用エアコンプレッサの全シリーズとサービスをご覧になり、ペットボトル製造における安全保護を当社がどのように支援できるかをご確認ください。

圧縮天然ガス(CNG)用コンプレッサ設備

アトラスコプコのCNG高圧コンプレッサ

アトラスコプコのCNG高圧コンプレッサ

圧縮天然ガス(CNG)ステーション、大量輸送用天然ガス車両(NGV)の給油ソリューションの開発、遠隔地の産業プロセスに動力を供給する仮想パイプラインシステムのセットアップなど、アトラスコプコは業務に最適なCNG/NGVソリューションをご用意しています。

当社のコンプレッサには、スマートでエネルギー効率の高い技術が組み込まれています。漏れをゼロに抑える加圧クランクケース、直接駆動など、徹底的に基準を照会し、テストを通過した技術を採用しています。CNG/NGV設備では、優れた効率、安全性、信頼性が不可欠な要素です。それらは当社の天然ガス製品ライン全体の基礎となるものです。当社のコンプレッサには、CNG/NGV供給サイクルのあらゆる段階にメリットをもたらす機能が搭載されています。

CNGおよびNGVに最適なコンプレッサ設備用高圧ピストンコンプレッサの詳細をご覧ください。

アトラスコプコのピストンコンプレッサを購入する理由

アトラスコプコのピストンコンプレッサシリーズは、業界最大の幅広いモデルをご用意しています。当社の製品には、オイルフリーおよびオイル潤滑式技術が採用されており、最大450 barの圧力要件や、空気以外のガスにも対応可能です。

クロスヘッドとトランク積層を装備し、最大1 MWの用途に対応可能なため、あらゆるニーズに理想的なソリューションが見つかります。このページでお客様の用途に最適なコンプレッサが見つからない場合には、当社の専門家にご相談ください。