食品および飲料業界向けオイルフリーエアソリューション

クラス0認証取得の食品および飲料業界向け圧縮エアシステム。最終製品の安全性と高品質を維持する認証されたオイルフリーエアで、総コストを最小限に抑えます。

食品および飲料業界の専門家にお問い合わせください

ISO 22000に準拠しています

ISO 22000「食品安全マネジメントシステム」に準拠し、食品および飲料の工場で運転するように設計されています

ISO 22000についての詳細

完全に保護されたシステム

ISO 8573-1(2010)で認証されたClass 0 のオイルフリーエアを供給いたします。完全に保護されたシステムでは、我社のエアドライヤで湿気による汚染を防ぐことができます。

Class 0 の詳細

総コストを最小限に

生産コストの削減と収益性の向上を実現します。非常に幅広い圧縮レンジとドライヤ技術により、お客様の総コストを最小限に抑えることができます。

食品および飲料業界で標準のエアコンプレッサ

品物の選別、除去、混合、エアレーション、製品の膨張や充填など、食品および飲料用の圧縮空気は100%クリーンで汚染のないことが必須です。確かなエアの純度を保証し、エアによる汚染の恐れを排除できるのはオイルフリーコンプレッサだけです。

100%クリーン、100%安全

弊社は、食品および飲料業界で汚染のない圧縮空気に関する基準を確立しました。弊社は、TÜV Rhineland認定のISO 8573-1(2010)クラス0を取得した初のコンプレッサメーカーであり、その多岐にわたるオイルフリー技術を業界内でご活用いただいております。弊社のコンプレッサで生成される食品および飲料用エアにはオイルのエアロゾルと蒸気はまったく含まれておらず、お客様が築き上げた評判を確実に守ります。

ISO 22000認証を世界で最初に取得

ISO 22000は世界で最も重要な食品および飲料の品質基準として発表されました。弊社は、ベルギーのアントワープにあるオイルフリーエアディビジョンの生産工場で、その認証を最初に取得したコンプレッサメーカーです。 


食品および飲料業界に関する豊富な知識

食品および飲料業界での長い経験を活かしてお客様をサポートいたします。


用途

工場のオートメーション化用エア

圧縮空気は、充填、包装、瓶詰めの自動生産ラインでバルブやアクチュエータを制御するために使用されます。オイルフリー圧縮空気を使用することで、オートメーション工程の障害を防止し、最終製品を安全に保つことができます。

輸送

圧縮空気は、粉乳やココアパウダーをパイプに押し込むために使用されます。
オイルフリーエアなので、粉末が油で汚染されることなく、清潔に保つことができます

洗浄用空気

充填前にボトルやパッケージ、容器を洗浄するための圧縮空気です。圧縮空気内に油分が混ざっていると食品コンテナの汚染の原因となり、健康被害のほか、味や臭いなど最終製品の品質悪化にもつながります。

エアブロー、エアレーション

圧縮空気を液体に注入して、酸素量を増やします。この方法は、養殖などで下層の水に酸素を注入したり、沈殿物を酸化したりするのに使用されます。圧縮空気が油分で汚染されると、魚などの動物が死んでしまいます。

発酵

圧縮空気で発酵過程のバクテリアに酸素を供給して、クエン酸、ワイン、ヨーグルトなどの食品原料を生産します。微量のオイルでもバクテリアの活動に影響し、基準に満たない製品となり、最終製品が汚染されます。

食品の保存

空気分離工程では、圧縮空気が酸素と窒素に分解されます。窒素は缶詰内の食品の保存、大型貯蔵施設、海上輸送などに使用されます。窒素は食品に直接接触するため、100%オイルフリーの圧縮空気が必要になります。圧縮空気中に油分が混入すると、PSA(窒素発生装置)のメンブレンが破壊され、交換に多額のコストがかかります。

冷却および吹き付け

圧縮空気は、オーブンで焼いた食品を冷ますのに使用されます。圧縮空気が汚染されると、最終製品の品質が損なわれ、不良品や生産ロスにつながります。

食品および飲料業界のお客様の事例

アトラスコプコはオイルフリー圧縮空気をLa Molisanaに提供しています。

Class 0とは、オイルゼロ、汚染リスクゼロ、危険な製品ゼロです。給油式圧縮では、フィルタを装着しても、油蒸気、エアロゾルなどの汚染物質がすべて、圧縮空気中から除去されるとは限りません。

特に食品や飲料業界では、いかなる油分による汚染も排除する必要があります。

Loading...

VSD技術と熱回収による持続可能なアプローチ(Chaudfontaineより)

ベルギーのアルデンヌ地方に位置するChaudfontaine :天然ミネラルウォーターを瓶詰めしている場所です。また、可変速駆動(VSD)ソリューションの導入によって26%、熱回収装置ユニットによりそれ以上の省エネを実現している場所でもあります。

Loading...

食品および飲料業界向け圧縮空気ソリューション